トップメッセージ

トップメッセージ

安全とサービスを基盤として
九州、日本、そしてアジアの元気をつくる

古宮洋二
青柳俊彦

 JR九州グループは、「安全とサービスを基盤として九州、日本、そしてアジアの元気をつくる企業グループ」を「あるべき姿」として掲げています。そして、今後の人口減少の進展や自然災害の激甚化、技術革新等、経営環境の変化が予想される中で「あるべき姿」を実現するため、「安全・安心なモビリティサービスを軸に地域の特性を活かしたまちづくりを通じて九州の持続的な発展に貢献する」という「2030年長期ビジョン」を掲げています。

 この「2030年長期ビジョン」の実現に向け、「価値観の変化を捉えた“豊かな生活を実現する”まちづくり」と「九州の持続的な発展に貢献する領域の拡大」の2つの実現方針を立てました。今後は、九州を中心とした様々なエリアにおいて「住みたい・働きたい・訪れたい」魅力的なまちづくりに取り組んでまいります。

 「JR九州グループ中期経営計画2022-2024」の初年度である2022年度は、新型コロナウイルスの流行に伴う移動需要の減少や個人消費の低迷等により、当社グループを取り巻く経営環境は厳しい状況が続くと見込まれます。当社グループでは、西九州新幹線の開業に向けてグループを挙げて万全の準備を進めるとともに、新たなD&S列車「ふたつ星4047」の運行開始をはじめ、西九州エリアにおいて様々なプロジェクトを推進し、地域の皆さまとともに新幹線開業効果の最大化を図り、豊かなまちづくりに取り組んでまいります。また、事業構造改革を着実に進めるとともに、新型コロナウイルスの終息後も見据えながら、中長期的な企業価値向上を図り、九州の持続的な発展に貢献してまいります 

 今後とも当社グループへの一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。