JR九州

ふたつ星4047

ふたつぼし よんまるよんなな

佐賀県、長崎県という
九州の観光における“ふたつの星”を、
キハ40、47形の車両で巡りながら、
西九州エリアの魅力を多くの方々に
感じていただく、新たなD&S列車です。

運行開始日
2022年923日(金・祝)

コンセプト

「西九州の海めぐり列車」

今回の舞台は「西九州」。
西九州エリアは、
日本一の干満差を誇る有明海、
波静かで琴の海(ことのうみ)とも
称される大村湾など、
変化に富んだ「海」の”車窓”と
「海」がもたらした
”地域のおいしいもの”を
楽しんでいただきます。
西九州新幹線と組み合わせて
ご利用いただくことで、
“自分だけの自由な旅”を
創り上げることができ、
その日、その時だけの楽しさが
無限大に広がる旅をご提案します。

車両デザイン・ロゴマーク

★ 外観イメージ ★

「ふたつ星4047」のコンセプトである
「西九州の海めぐり列車」として、
有明海・大村湾の水面に映える
“パールメタリック”を基調とした
デザインとなりました。
車体の随所にあしらった金色のロゴとラインが、
西九州の美しい自然に
映えるようデザインされています。

★ ロゴマーク ★

佐賀県、長崎県という、九州の観光の“スター”が
並び立つ様子をイメージしました。
この“ふたつの星”が九州の観光をリードし、
九州を元気にしていく様子を
イメージしています。

車両編成

★ 3両編成
全車指定席、定員 86 名程度

★ 2両目にお客さまの共用スペースや
販売カウンターを配置した
「ラウンジ40(よんまる)」を連結します。

2号車
「ラウンジ40(よんまる)」

「ふたつ星4047」の旅をゆったりと楽しんでいただけるよう、
2号車に「ラウンジ40」を設けます。
一両すべてを共用スペースとし、ゆったりとくつろぐことのできるソファーや
窓側に向いたカウンター席などで沿線の景色を楽しみながら
ゆっくりとお過ごしいただける贅沢なラウンジで
新たなD&S列車でのひとときをご提供します。
大きなカウンターテーブルを配置したビュッフェでは、
客室乗務員による、沿線の“おいしいもの”や
「ふたつ星4047」のオリジナル商品の販売を検討しております。

運行ルート

午前発 武雄温泉 → 長崎(長崎本線経由)

午後発 長崎 → 武雄温泉(大村線経由)

“ふたつ”の運行ルートで
西九州エリアを1周します。

内陸の「山」を走る西九州新幹線に対して、
新D&S列車は、
「海」に面したルートを走行します。
目的地にあわせてルートを
お選びいただくことができ、
車窓からは季節や時間によって
変化する、ふたつの「海」の表情を
お楽しみください。

土日祝日を中心に運転 各ルート1日1本
各ルート3時間程度を予定

主な区間のおねだん

・乗車券及び指定席特急券(全車指定席)でご乗車いただけます。

ご利用区間 運賃 料金 合計
武雄温泉 → 長崎 1,850円 2,330円 4,180円
肥前山口 → 長崎 1,680円 1,730円 3,410円
長崎 → ハウステンボス 1,500円 1,530円 3,030円
長崎 → 武雄温泉 2,170円 2,330円 4,500円

※通常期に普通車指定席をご利用いただく場合の価格を記載しております。

※料金はJR九州の特急列車と同じ指定席特急料金(B特急料金)を適用します。

※運行時刻、運転日、
停車駅、車内サービス概要などに
つきましては、
詳細が決まり次第
順次お知らせいたします。

西九州の多様な「海」

有明海

有明海は、佐賀県・福岡県・長崎県・熊本県の4県にまたがる九州最大の海です。
日本一を誇る潮の干満差は最大6m以上にもなり、干潟ではムツゴロウやワラスボなど個性豊かな生き物が多く生息しています。また、海からの恵みを受けた海苔の養殖も盛んです。
例年5月には、干潟の中でどろんこになって楽しむ「ガタリンピック」というイベントが開催されています。

大村湾

長崎県の真ん中に位置する「大村湾」は、四方をほぼ陸に囲まれており、針尾瀬戸と早岐瀬戸の2本の水路でのみ外海と通じている非常に閉鎖性が強い湾です。
閉鎖的な水域ゆえの特徴的な生物が多くみられ、独自の自然環境と生態系を築きあげてきました。
静かに打ち寄せる波の音が琴の音と似ていることから「琴の海」とも呼ばれています。

長崎港

長崎港は1571年にポルトガル船が入港し交易を求めたことで開港され、その後も鎖国時の日本で唯一の海外への玄関口として海外の産業・文化の受け入れに重要な役割を果たしました。
明治時代には上海航路をはじめとして多くの外国からの連絡船が寄港する歴史ある貿易港として発展し、近年は多くのクルーズ客船が長崎港に寄港しており、2021年には開港450周年の節目の年を迎えています。

佐世保港

軍港として栄え、国防の要の港として、また、商港として機能を果たしている佐世保港。
現在は、アメリカ海軍と海上自衛隊がその一部を使用し、軍港佐世保の港ならではの景色を作っています。
また、佐世保港の北西部沿岸には208の島々からなる「九十九島」が広がっており、遊覧船やフェリーに乗って海に点々と浮かぶ島々をめぐる船旅を楽しむことが出来ます。

橘湾

長崎県の南東に位置する島原半島と長崎半島との間にカルデラによって形成された橘湾の海岸線は険しい断崖が多いですが、千々石地区には千数百本の緑の松原、白砂浜がのびており美しい景観を楽しむことが出来ます。
また、有明海から出てくる沿岸水と外海水が混ざり合い様々な魚介類が生息する豊かな海でもあります。

角力灘(すもうなだ)

長崎市の北西に位置する外海(そとめ)地区の高台から望む角力灘には大角力・小角力・母子島などの島々が点在しています。
また外海の夕景は長崎屈指の美しさと言われるほどで、雄大な角力灘に沈む夕陽は神々しく、太陽が西に沈むにつれて空の色は赤く染まり、誰もがその夕景に魅せられるでしょう。

2022年秋からは西九州新幹線「かもめ」、D&S列車「36ぷらす3」、
そして「ふたつ星4047」で佐賀・長崎の旅をお楽しみください!