人づくりへの取り組み

基本的な考え方
 当社では、学び、挑戦する人づくりを目指して、「学ぶ風土」「行動する気風」「働きやすさ」「働きがい」をテーマに各種取り組みを行っています。
人づくり
学ぶ風土、行動する気風
 JR九州グループが風土として取り組んでいる大きな柱の一つは「人づくり」です。JR九州グループが持続的に発展していくためには、従業員一人ひとりが学び、挑戦することで成長と進化を続けていく必要があります。また、強い組織をつくるためには、各階層に求められる知識やスキルを意識して日々の業務や自己啓発に取り組むことが重要です。従業員が、「成長したい、学びたい」という意欲に応える制度が、JR九州グループには多くあります。社内の様々な制度を活用し、自分自身を高めることができるよう、従業員の学びを応援しています。
社員研修センターにおける集合研修
 JR九州では、社員研修センターで、様々な研修を実施しています。階層別研修では、新入社員研修、昇進者研修、新任管理者研修、管理職登用者研修など、各階層においてそれぞれの成長ステージに合わせた研修を実施しています。この階層別研修を通して、従業員はマインドセット・コミュニケーション活性化・マネジメント手法などについて学びます。
<主な研修制度>
主な研修制度
eラーニングの実施
 JR九州では、eラーニングを活用した研修を実施しています。2020年度は、企業倫理、情報セキュリティ、人権啓発などについて研修を実施しました。また、公正な事業運営を遵守するために、企業倫理に関する研修では、贈収賄やインサイダー取引など腐敗防止を包括的に取り扱っています。
<2020年度の研修実績>
※2020年度の社員研修センターで実施した集合研修、eラーニング研修の総研修時間は121,142時間、従業員一人あたりの平均時間は17.0時間でした。
キャプション非表示
主な研修内容 受講者
集合研修 階層別研修、新入社員研修、資格取得研修等 対象社員
安全、サービス、鉄道技術向上のための研修 対象社員
e ラーニング 情報セキュリティについて 全社員
企業倫理について 全社員
同和問題について 全社員
インサイダー取引について 全社員
JR九州グループ企業倫理ハンドブックを活用した教育
 グループ会社を含む全ての従業員に対して「JR九州グループ企業倫理ハンドブック」を配付しています。ハンドブックでは、ハラスメント行為の防止などの職場づくりに関する事例や、腐敗行為の防止などの公正な事業の運営に関する事例など具体的な事例を交えて紹介しています。なお、外国人従業員にとって分かりやすいものとなるよう、英語版のハンドブックも作成しています。

企業倫理ハンドブック

企業倫理ハンドブック


  JR_Kyushu_Group_Corporate_Ethics_Handbook
採用の考え方と活動
 当社は採用にあたって、多様性を重視し、性別、国籍等の区別なく、平等な選考方針を採っています。
多様性を重視した採用方針
  採用に際しては、宗教・性別・年齢・性的指向・障がい・国籍等にかかわらず、全ての受験者を平等に選考しています。当社は様々な個性を持った方々を従業員として迎え、人材の多様化を目指しています。就業経験の有無、年齢を問わず募集を行い、海外の大学への日本人留学生や外国人学生、障がいのある学生に対しても募集を行っています。
障害者雇用
  当社では、障がい者雇用に積極的に取り組み、2021年6月現在の障がい者雇用率は2.76%となっています。また2019年4月には、障がい者雇用を目的としたJR九州パレットワー ク(株)を設立し、より働きやすい環境づくりを通じてさらなる雇用拡大に努めていきます。