働きやすさ・働きがい

長時間労働の抑制
 JR九州は、従業員の長時間労働の抑制を図り、ワークライフバランスを更に推進するために、時間外労働限度時間を1日8時間、時間外労働及び休日労働を合わせた限度時間を原則として1か月45時間、1年間360時間などとするルールを定め、労働時間管理を実施しています。主な取り組みは以下のとおりです。

・ICカード等の客観的な記録を基礎とした労働時間の把握
・時間外及び休日労働実績の定期的なモニタリング
・月間80時間を超える時間外・休日労働を行った従業員全員に対する産業医面談の実施
 平均残業時間
多様な働き方を支える制度づくり
 多様な働き方の実現とワークライフバランスの向上を目的に、テレワークを導入するとともに、一部の職場でフレックスタイム制を適用しています。また、従業員が仕事と子育てを両立させることができる働きやすい環境づくりにも積極的に取り組んでいます。3歳に満たない子を養育する従業員に対して、1日の労働時間を短縮する制度(短時間勤務制度)や小学校第6学年修了までの子又は特別支援学校等修了までの子を養育する従業員が、月5日を限度として無給休暇(養育休暇)を取得できる制度を導入しています。