JR九州Web会員ログイン

キューポ JQ CARD

メニュー

JR-KYUSHU Train Reservation利用規約(2019年3月26日制定)

 九州旅客鉄道株式会社(以下「当社」といいます。)は、日本国以外のパスポートを所持する者を対象として当社が日本語以外の言語で運営するJR-KYUSHU Train Reservationのご利用について、以下のとおり「JR-KYUSHU Train Reservation利用規約」(以下「利用規約」といいます。)を定めます。

  1. (JR-KYUSHU Train Reservation)
  2. 第1条 JR-KYUSHU Train Reservation(以下、「Train Reservation」といいます。)とは、利用者がインターネットによる申込みにより、第7条に規定する乗車券類(以下「JR 券」といいます。)の予約・購入、変更、払いもどし等を行うことのできるサービスをいいます。
  3. 2 Train Reservation内での言語は、英語、韓国語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)とします。
  1. (適用範囲)
  2. 第2条 利用規約は、当社がTrain Reservationで提供するサービスを受けるお客さま(以下「利用者」といいます。)に適用されるものとします。
  3. 2 利用者は、Train Reservationを利用するにあたり、利用規約を誠実に遵守するものとします。
  1. (日時の記載)
  2. 第3条 本利用規約に記載されている日時は、特に断りがない限り、日本標準時によります。
  1. (利用規約の変更)
  2. 第2条 利用規約の変更については、会員規約第12条の定めを準用します。
  1. (利用資格等)
  2. 第4条 Train Reservationは、日本国以外のパスポートを所持する者に限り利用できます。
  3. 2 利用者は、利用者本人が使用する JR 券と同時に、同行者が使用する JR 券を予約・購入することができます。なお、前項の規定は同行者にも準用します。
  1. (利用規約の変更の及び通知)
  2. 第5条 当社は、事前に利用者に通知することなく利用規約を変更できるものとします。当該変更は、当社のサイト上において掲示することをもって利用者に対して通知したものとし、利用者が当社のサイトにアクセスすれば、当該変更があったことの通知を閲覧することが可能となった時に有効になるものとします。変更後は、変更後の内容のみ有効とします。
  1. (適用約款)
  2. 第6条 利用者がTrain Reservationにより購入した JR 券の効力等は、利用規約に定める事項を除いて当社が定める旅客営業規則(運送約款)及びその他インターネット上でご案内している一般の規定に基づきます。
  1. (予約の対象となるJR券)
  2. 第7条 Train Reservationにより予約できるJR券は、インターネット上で案内する列車、座席種別、区間、経路の範囲内における次の各号に掲げるものとします。
  3. (1) 指定席特急券(ボックス席、パノラマシート及び白いくろちゃんシート並びにカウンター席、ソファー席及びベンチシートを除く。)
  4. (2) 自由席特急券
  5. (3) 特定特急券
  6. (4) 急行券
  7. (5) 座席指定券
  8. (6) グリーン券(個室、DXグリーンを除く。)
  9. (7) 前各号に掲げる乗車券類と同時に予約する片道乗車券又は往復乗車券
  10. (8) 一部の特別企画乗車券(インターネット上でご案内のもの)
  11. 2 前項にかかわらず、次の各号に該当する場合は、予約の取扱いはできません。
  12. (1) 証明書の提示又は割引証の提出が必要な割引のJR券を希望する場合
  13. (2) 一度のお申込みについて、大人・小児合わせて8人以上の予約をしようとする場合
  14. (3) その他インターネット上でご案内しているTrain Reservationではお取扱いできない行程で予約しようとする場合
  1. (予約申込み及び支払いの方法等)
  2. 第8条 Train Reservationによる予約方法は、インターネット上において当社が指定した方法によります。
  3. Train Reservationにより予約したJR券の運賃・料金の支払いは、利用者による予約申込操作時に、利用者が指定したクレジットカード(利用者本人名義のものに限ります。) によりインターネット上で決済します。なお、登録可能なクレジットカード及び支払条件は当社が指定し、利用者はクレジットカードの使用についてはクレジットカード会社が定める規約等に従うものとします。
  1. (予約申込期間)
  2. 第9条 Train Reservationによる予約申込期間は、次の各号に定めるとおりとします。
  3. (1) 受付開始
  4.  ご希望の列車(自由席をご利用の場合を含みます。以下同じ。)の乗車日の1箇月前の日の午前10時
  5. (2) 受付終了
  6.  乗車日当日
  7. 2 前項の規定と個別の特別企画乗車券の予約申込期間が異なる場合は、前項の規定の範囲内で、当該特別企画乗車券の定めが優先します。
  1. (予約申込時間)
  2. 第10条 Train Reservationによる予約申込みの受付時間は、前条に定める期間内において、午前5時30分から23時までとします。
  3. 2 前条の定めにかかわらず、乗車日当日の予約申込みは、ご希望の列車の時刻表に掲載された発車時刻(以下「発車時刻」といいます。)6分前までとします。ただし、午前5時36分より前に発車する列車は前日23時に、23時06分以降に発車する列車は当日23時に受付を終了します。
  4. 3 前各項にかかわらず、メンテナンス等のため不定期にシステムを停止する場合があります。この場合、当社はインターネット上においてご案内するものとします。
  1. (予約の回答)
  2. 第 11 条 当社は、利用者からの予約申込み(満席又は予約申込内容の誤り等により予約が成立しなかった場合を含みます。)に対して、回答画面の表示及び利用者が登録したメールアドレス(以下、「登録されたメールアドレス」という。)へのメール送信により回答を行います。
  3. 2 予約申込みされたJR券の予約が成立した場合は、利用者が予約申込み時に指定したクレジットカードにより決済を行い、「予約番号」等を回答します。
  4. 3 利用者は、予約申込み後、所要の回答時間を経過してもなお当社からの回答が通知されない場合は、Train Reservationのサイト上で案内する問合せ先へメールで問い合わせることができます。当社は、登録されたメールアドレスへのメール送信により回答を行い、利用者は当社の指示に従うものとします。
  1. (契約の成立等)
  2. 第 12 条 利用者と当社との間の運送契約は、利用者の予約申込みに対し、回答画面にて決済完了が確認できる状態になった時又は登録されたメールアドレスに決済完了の通知を当社が発信した時のいずれかに成立することとします。
  3. 2 利用者と当社との間の運送契約が成立したJR券は、利用者が受取り又は払いもどしを行うまでの間、当社が保管するものとします。
  4. 3 前項により当社が保管する乗車券類は、利用規約に別に定める場合を除き、当社又は他社の定める運送約款等の適用を受けるものとします。
  5. 4 利用者がTrain Reservationを利用して予約した列車に乗車する場合には、予約した列車の発車時刻までに、第13条第1項に掲げる箇所で必ずJR券を受け取るものとします。JR券の受取りを行わなかった場合、第1項の運送契約に基づく列車への乗車はできません。
  1. (受取方法)
  2. 第13条 利用者は、前条第2項により当社が保管するJR券を次の各号に掲げる箇所で受け取るものとします。
  3. (1) インターネット上で案内する当社の駅の「みどりの窓口」または指定席券売機
  4. (2) JR西日本の駅の「みどりの窓口」又は指定席券売機
  5. 2 利用者は、前項の受取りを行う際、予約申込み時に会員が指定したクレジットカード、予約番号及び認証番号を呈示するものとします。
  6. 3 受取可能時間は、午前 4 時 30 分から 23 時 30 分までのうち当該受取箇所の営業時間内とします。各受取箇所の営業時間はインターネット上で案内します。
  7. 4 前条第 2 項により当社が保管する JR 券を、当該 JR 券の予約時に指定した乗車日(有効期間の開始日)までに利用者が受け取らなかった場合、翌日以降、当該 JR 券の受取りはできません。この場合、利用者がTrain Reservationのサイト上で案内する問合せ先へメールで連絡し、当社が連絡を受信した時点で利用者が受け取っていない JR 券のうち、有効期間内のものがある旨を申し出たときは、当該 JR 券について発売額から運送約款等に定める払いもどし手数料を差し引いた残額を当社が指定する方法で返金します。
  1. (変更・払いもどし)
  2. 第 14 条 Train Reservationにより予約・購入した JR 券の変更及び払いもどしの取扱いは、当社の運送約款、利用規約、個別の特別企画乗車券に関する定め及びその他一般の規定の定めるところによります。
  3. 2 受取り前の変更及び払いもどしは、インターネット上で受け付けます。ただし、インターネット上で取り扱わない変更内容については、センターにて承ります。なお、インターネット上での変更は変更先列車の発車時刻の6分前まで取り扱い、インターネット上での変更及び払いもどしは午前5時36分より前に発車する列車にあっては前日23時に、23時06分以降に発車する列車にあっては当日23時にその受付を終了します。また、予約時に指定した列車の発車時刻を過ぎた場合は取扱いできません。
  4. 3 受取り前の変更及び払いもどしにあたっては、クレジットカードにより、変更後のJR券を改めて決済したのち、変更前のJR券の払いもどしを決済します。
  5. 4 インターネット上で取り扱う受取り前の変更及び払いもどしにあたっては、その変更可能回数及び払いもどし手数料等について、運送約款の定めとは異なる取扱いをすることがあります。この場合の変更及び払いもどしの方法、対象となるJR券の種類、列車、区間及び座席種別等については、インターネット上でお知らせします。
  6. 5 受取り後の払いもどしは、当社が定める駅のクレジットカード取扱い窓口で承ります。この際、購入時に指定したクレジットカードが必要です。
  1. (システム障害上の取扱い)
  2. 第 15 条 Train Reservationのシステム障害等により、予約した JR 券の受取りができない場合、当社は新たに運賃・料金を収受して利用者に JR 券を購入していただく場合があります。この場合、受け取らなかった JR 券については、無手数料による払いもどしの手続きを行い、当社が別に定める方法で返金します。
  3. 2 Train Reservationのシステム障害等により、新たな予約の受付ができない場合、当社は利用者に「みどりの窓口」等で、Train Reservation以外の方法により JR 券を購入していただきます。
  4. 3 前各項の場合、Train Reservationで取り扱うJR券とTrain Reservation以外の方法で購入するJR券との間で、その取扱内容、運賃・料金及び乗車列車・区間・経路・座席等に差異が生じる場合であっても当社はその責を負わず、利用者はあらかじめこれを了承するものとします。
  1. (カードの利用拒否)
  2. 第 16 条 利用者が登録し、指定したクレジットカードが、クレジットカード会社の定める事由により利用できない場合は、Train Reservationでの決済に利用することはできません。
  1. (利用者情報の使用)
  2. 第 17 条 当社は、利用者情報及び利用者がTrain Reservationを利用する過程において当社が知り得た利用者に関する情報(購入履歴及びサーバー通信履歴、Train Reservationに必要な追加的情報)を、Train Reservation並びにJR九州及びJR九州グループ会社で提供している商品及びサービス提供、調査分析を実施するために使用します。
  3. 2 当社は、前項に規定する利用者に関する情報については、Train Reservation提供のため、JR西日本と共同利用する場合があり、利用者はこれに同意します。
  4. 3 当社は、第1項に規定する利用者に関する情報は、厳重に取り扱い、外部への漏洩、不正使用がなされないようにします。 個人情報の扱いについては、当社ホームページ上に公表している「個人情報の取扱いについて」、「個人情報保護」に記載されている事項に従います。
  1. (利用者の義務)
  2. 第 18 条 利用者はTrain Reservationの利用にあたり、以下の項目について遵守するものとします。
  3. (1) 利用者は法令等を遵守し、公序良俗に反することなく、Train Reservationを利用するものとします。
  4. (2) 利用者は、Train Reservationに関連して当社又は第三者に迷惑、不利益を与える恐れのある行為、Train Reservationに支障をきたす恐れのある行為及び法令、利用規約等に違反する恐れのある行為又はそれらに類する行為等を行わないものとします。
  5. (3) 利用者は、Train Reservationを利用して購入した JR 券の一部又は全部を、直接的・間接的を問わず、営利目的で転売し、又は換金する行為(旅行業法に定める取次行為を含みます。)を行わないものとします。
  6. (4) 利用者は、その一部又は全部を自らは使用しない等、相当と認められる数量又は頻度を超えて、Train Reservationを利用して JR 券を購入しないものとします。
  7. (5) 利用者は、利用規約に定める事項を遵守し、また当社が不適切と判断する行為を行わないものとします。
  1. (当社の免責)
  2. 第 19 条 当社は、Train Reservationに関して、以下の項目に該当する内容について一切の責任を負いません。
  3. (1) 予約時に登録した利用者の情報の内容に事実と異なる内容(誤記、記入漏れ等を含みます。)があったことにより利用者又は第三者が被った不利益
  4. (2) 利用者が利用規約及び前条各号に掲げる遵守事項に違反したことにより利用者又は第三者が被った不利益
  5. (3) 利用規約の変更により利用者又は第三者が被った不利益
  6. (4) 当社がTrain Reservation(システムを含みます。)の中断、変更、終了等又は利用者からのTrain Reservationへのアクセス制限を行ったことにより利用者又は第三者が被った不利益
  7. (5) 利用者の利用設備等、その機種、ブラウザ及びバージョンなどの環境設定、並びに通信状況等に何らかの問題がある場合等に利用者又は第三者が被った不利益
  8. (6) 当社が相当の安全対策を講じていたにもかかわらず、通信経路において盗聴等がなされたことにより認証番号等その他取引情報が漏洩したときに、利用者又は第三者が被った不利益
  9. (7) 当社が相当の安全対策を講じていたにもかかわらず、駆除できずに当社が送信したメールに付随していたウィルス、又は当社が世間一般に送信できる容量として妥当と判断したにもかかわらず、当社が送信したメールにより、利用者のパソコン等の受信容量を超過し、利用者又は第三者が被った不利益
  10. (8) その他、当社が相当の注意を払ったにもかかわらず、Train Reservationによって利用者又は第三者が被った不利益
  11. 2 利用者が利用規約に違反して当社に損害を与えた場合、当社は被った一切の損害について当該利用者に対し請求することができ、当該利用者はこれに応じるものとします。
  12. 3 利用者が登録したメールアドレスへのメール送信により当社から回答又は通知等を行う場合、メールアドレスの不正確又はメールサーバの障害等によりメールの到着の遅延又は不到着が発生したときであっても、当社は当該メールが通常到着すべきときに到着したものとみなします。
  1. (有効な規約)
  2. 第 20 条 最新のTrain Reservationに関する印刷物又は最新のインターネット上に記載された利用規約及び告知内容は、すべて従前の利用規約及び告知内容に優先します。
  1. (例外的取扱い)
  2. 第21条 当社は、当社が特に必要と認めた場合、利用規約の規定と異なる取扱いをすることができるものとします。
  1. (サービスの中止・中断)
  2. 第 22 条 当社は、Train Reservationの運営に関し、必要と認める場合、当社の裁量において、Train Reservationの利用を制限することができます。
  3. 2 当社は、次の各号に掲げる場合、Train Reservationの運営を中止・中断することができます。
  4. (1) Train Reservationのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合
  5. (2) 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、サービスの提供が通常どおりできなくなった場合
  6. (3) その他、当社がTrain Reservationの運営上、一時的な中断を必要と判断した場合
  7. 3 当社は、前項の規定により、Train Reservationの運営を中止・中断するときは、予めその旨を当社のサイト上において掲示することをもって利用者に通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  1. (予約番号・認証番号等の管理)
  2. 第 23 条 利用者は、Train Reservationの提供を受けるにあたり、予約番号と認証番号等を使用するものとします。当社は、入力された乗車日、メールアドレス、予約番号、認証番号の一致を確認することにより、その入力者を利用者本人とみなします。
  3. 2 利用者は、予約申込み後、予約番号及び登録した認証番号等の管理責任を負うものとします。
  4. 3 利用者は、予約番号及び認証番号等の第三者への漏洩、開示その他不適切な使用の態様があった場合には、第三者が利用者になりすまして予約番号及び認証番号等を使用するおそれがあることを十分理解し、自己の責任において、予約番号及び認証番号等を厳重に管理・保管し、その適切な使用に心がけるものとします。
  5. 4 利用者は、予約番号及び認証番号等を盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちにその旨を当社に連絡するとともに、当社からの指示がある場合には、これに従うものとします。 当社への連絡の先後を問わず、第三者が利用者になりすまして予約番号及び認証番号等を使用された場合に生じる損害は、利用者ご自身にご負担頂くものとし、当社は一切責任を負いません。
  1. (利用者の自己責任)
  2. 第 24 条 利用者がTrain Reservationを利用するにあたり自ら行った行為及び予約番号、認証番号等によりなされた一切の行為並びにそれらに伴う結果について、自らの行為の有無、過失の有無を問わず、利用者はその責任を負うものとします。
  3. 2 利用者がTrain Reservationを利用するにあたり第三者に損害を与えた場合、利用者は自己の責任と負担において当該第三者との紛争の解決を行うものとします。
  4. 3 利用者が利用規約に違反して当社及び当社社員に損害を与えた場合、当社は当該利用者に対して、被った損害の賠償を請求できるものとします。
  1. (禁止事項)
  2. 第25条 利用者は、予約時の利用者情報の登録またはTrain Reservationの利用において、以下の行為を行わないものとします。
  3. 虚偽の情報を登録する一切の行為
  4. 当社の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権その他の権利を侵害する、もしくはかかるおそれのある一切の行為
  5. 当社を誹謗中傷し、その名誉、信用を傷つける、もしくはかかるおそれのある一切の行為
  6. 本条第2号、前号のほか、当社に不利益または損害を与え、その円滑な経済活動、業務執行等を阻害する、もしくはかかるおそれのある一切の行為
  7. 法令または公序良俗に反する、またはこれを教唆煽動する一切の行為ならびにかかるおそれのある一切の行為
  8. 当社の事前の承諾なきまま、Train Reservationを利用した営利獲得を目的として活動する行為またはこれを企図する行為
  9. 第三者になりすまして前各号に定める行為を行う一切の行為
  10. 前各号に該当するおそれがあると当社が判断する一切の行為
  11. その他、当社が不適切と判断する一切の行為
  1. (準拠法、管轄裁判所)
  2. 第 26 条 利用者と当社との間で紛争が生じた場合には、当事者間で誠意をもって解決するものとします。
  3. 2 本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、日本語を正文とします。なお、利用者と当社との紛争については、福岡地方裁判所又は福岡簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  1. (利用規約の発効)
  2. 第 27 条 利用規約は、日本標準時間 2019 年3月26日午前5時30分から有効とします。