JRキューポアプリ会員規約(2020年3月3日制定)

  1. (総則)
  2. 第1条 本規約は、九州旅客鉄道株式会社(以下「当社」といいます。)が運営する「JRキューポアプリ」(以下「本アプリ」といいます。)を利用するすべてのユーザに対して適用されます。ユーザが本規約に承諾されない場合、本アプリをご利用いただくことは出来ません。当社は、会員証機能及びクーポン機能などを利用した本アプリの提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)をユーザが利用した時点で、本規約の内容を承諾したものとします。
  3. 2 本規約に記載のない事項については、JR九州Web会員規約、JR九州Web会員個人情報取扱特約、JR九州インターネット列車予約サービス利用規約、JRキューポ利用規約に準ずるものとします。
  4. 3 本条の定めによらず、JRキューポアプリ仮会員については、別途定めるJRキューポアプリ仮会員規約の定めに従うものとします。
  1. (用語の定義)
  2. 第2条
  3. (1)「ユーザ」とは、本規約に同意の上、所定の手続きを経て登録することによって、本サービスを利用する個人をいいます。
  4. (2)「ユーザID」とは、本サービスを利用するための本人認証に用いるJR九州Web会員IDをいいます。
  5. (3)「加盟店」とは、所定の手続きにより当社が認めた、本サービスを利用して商品など(役務またはサービスを含みます。)を販売する者をいいます。
  6. (4)「会員証機能」とは、本アプリ上でコード提示を行い、JRキューポの付与及び利用などを行うサービスをいいます。
  7. (5)「クーポン機能」とは、本アプリを通じてユーザに対して発行する決済代金の値引、JRキューポの付与、対象商品との交換、その他の特典の付与などを行うサービスをいいます。
  8. (6)「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロその他暴力、威力、詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団もしくは個人またはこれらに準ずる者をいいます。
  1. (本サービスの利用者)
  2. 第3条 本サービスは、当社所定の方法によりJR九州Web会員登録を行ったユーザが、本アプリをスマートフォン端末などにダウンロードし、本アプリにおいて、当社所定の方法によりユーザID及びパスワードを用いて認証を行い、本サービスの利用を当社が認めた場合に限り、利用できるものとします。
  1. (本サービスの利用)
  2. 第4条 本サービスにおいて行われる一切の取引について、当社は、取引の当事者、代理人、仲立人などにはならず、その取引に関して一切責任を負いません。取引に関してトラブルが生じた際には、加盟店及びユーザ間で直接解決していただくことになります。
  3. 2 本サービスを利用して決済する取引代金は、ユーザが選択した支払手段によって決済されます。
  4. 3 当社は、ユーザの本サービスの利用状況などを勘案して、当社の判断によりユーザの本サービスの利用を一時保留またはお断りする場合があります。
  5. 4 当社が別途定める店舗において、ユーザは本アプリの利用により、本サービスの一部または全部を利用することが出来るものとします。
  1. (本サービスによる支払)
  2. 第5条 ユーザは、加盟店における商品、役務またはサービスの対価として代金の支払(以下「決済金額の支払」といいます。)を行う場合において、本サービスを利用する場合は、会員証機能用コードの表示を行うものとします。
  3. 2 本サービスを利用する場合、ユーザは、決済金額に係る支払にあたり、ユーザが保有するJRキューポによる支払ができるものとします。なお、JRキューポによる支払にあたっては、本規約のほか、JRキューポ利用規約に従うものとします。
  4. 3 コード表示により決済金額の支払を行う場合は、ユーザは、以下の手順で行うものとします。
  5. (1) ユーザは、本アプリを起動し、当社所定の方法により、ユーザID及びパスワードを用いて、当社会員の認証手続を行います。
  6. (2) ユーザは、加盟店における決済金額の支払において、金額を確認した後、加盟店スタッフに対し、本アプリにより支払うことを伝え、支払に利用するJRキューポ数を設定のうえ加盟店スタッフにコードを提示します。
  7. (3) 加盟店は、ユーザが提示している会員証機能用コードを加盟店の端末に読み込みます。
  8. (4) 当社がJRキューポによる支払及び本サービスの利用を認めた場合は、当社は、ご登録いただいているメールアドレスに対し、取引ID、利用内容などを通知し、また、本アプリに対しては、完了した本サービスによるポイント利用の履歴、加盟店情報などを通知するものとし、これにより当該本サービス決済が完了するものとします。
  9. (5) ユーザは、前号に定めるポイント履歴ページ、ユーザが所定の方法により登録するメールアドレスへ通知する内容及び加盟店の端末に表示される金額や加盟店からユーザに渡されるレシートなどにより当該決済の確認を行うものとし、異議申し出がなかった場合は、当該決済が正当に処理されたことを了承したものとみなします。
  10. (6) ユーザは、ポイント利用の履歴が本サービス決済の内容と異なる場合には、当社に問合せをすることができるものとし、この場合、当社は、当該ポイント利用の履歴の内容を速やかに調査するものとします。
  1. (利用条件)
  2. 第6条 本サービスを利用した決済がなされた本決済取引について、本サービス決済完了後に、決済された金額に誤りがあったことが判明した場合(前条第6 項に定める調査の結果、判明した場合を含みます。)、返品が生じた場合、加盟店との取引の無効が判明し、または取消し若しくは解除がなされた場合は、ユーザは、当社または加盟店が本サービス決済を取り消すことができることを了承するものとします。この場合において、なお未精算の決済金額が残存する場合は、ユーザは、当該決済金額を本サービスまたは本サービス決済以外の方法により、加盟店に支払うものとします。
  1. (JRキューポの付与・利用)
  2. 第7条 ユーザの加盟店における会員証機能用コードの提示などによりJRキューポを付与・利用するものとします。
  3. 2 会員証機能用コード提示によりJRキューポが付与・利用できる店舗、支払手段、付与率などについては別途定めるものとします。
  1. (クーポン機能の利用)
  2. 第8条 ユーザは、本サービスを使用して、当社または加盟店から、当該加盟店の情報、クーポンその他のメッセージを受信することができます。
  3. 2 ユーザは、受信したクーポンの提示などにより、クーポンに定める特典を受けることができます。当社が別途定める一部のクーポンについては、JRキューポによる支払と併用することができます。
  4. 3 ユーザは、保有するクーポンを第三者に対して譲渡その他の処分をすることはできず、当社または加盟店に対し、保有するクーポンの換金を求めることはできません。当社は、ユーザが次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、当社は当該ユーザに事前に通知することなく、ユーザが保有するクーポンの全部または一部を失効させることができます。
  5. (1) クーポンが法令に違反した場合
  6. (2) ユーザに違法行為もしくは不正行為があった場合、または本規約などに違反した場合
  7. (3) その他、ユーザが保有するクーポンを失効させることが適当と当社が判断した場合
  8. 4 ユーザがJR九州Web会員及び本アプリの退会またはその他の理由によりユーザの地位を喪失した場合は、当該ユーザが保有するクーポンはすべて失効します。当社及び加盟店は、ユーザの地位喪失に伴う損害について一切責任を負わないものとします。
  9. 5 理由の如何を問わず、当社は、当社がユーザが保有するクーポンを失効させた場合であっても、再発行、損害賠償またはその他名目を問わず、一切責任を負いません。
  1. (ユーザID及びパスワードの管理など)
  2. 第9条 ユーザID及びパスワードは、他人に知られることがないよう定期的に変更するなど、第3条に基づき本アプリの登録をした会員本人が責任をもって管理するものとします。
  3. 2 ユーザは、前項のユーザID及びパスワードの管理を行うほか、別途当社の用意する、当該ユーザ以外の者が当該ユーザに代わって本サービスを利用することを防止する措置をとることができるものとします。
  4. 3 当社が入力されたユーザID及びパスワードが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、当該ユーザIDに係る当該ユーザによる利用があったものとみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により当該ユーザ以外の者が利用している場合であっても、当社の故意または重過失による場合を除き、それにより生じた損害について当社は一切責任を負わないものとします。
  1. (アプリ搭載機器の紛失・盗難、偽造、再発行)
  2. 第10条 ユーザは、本サービスを第三者に利用されないようスマートフォン端末などにパスワードを設定するなど、スマートフォン端末などを責任もって適切に管理するものとし、スマートフォン端末などを紛失し、若しくは盗難などの被害を受けた場合には、直ちに当社所定の方法によりユーザIDまたはパスワードを変更するものとします。
  3.  
  4. 2 前項の変更または前条第1項及び第2項の措置の有無にかかわらず、第三者に本アプリを使用された場合、それが当社の故意または重過失による場合を除き、そのアプリ使用に起因して生じる一切の支払債務については本規約を適用し、利用されたIDに係るユーザがすべて責を負うものとします。
  1. (本サービスの中止・中断)
  2. 第11条 当社は、本サービスの運営に関し、必要と認める場合、当社の裁量において、ユーザに事前に通知することなく一時的に本サービスの全部または一部を中断することができます。その際、ユーザに損害が発生した場合であっても、当社は、故意または重過失による場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
  3. 2 当社は、次の各号に掲げる場合、本サービスの運営を中止・中断することができます。
  4. (1) 本アプリ、加盟店アプリ、サーバー、通信回線、その他の設備の故障、障害の発生またはその他の理由により本サービスの提供ができなくなった場合
  5. (2) 本サービスのシステムの保守を定期的にまたは緊急に行う場合
  6. (3) 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合
  7. (4) その他、当社が、本サービスの運営上、一時的な中断を必要と判断した場合
  8. 3 当社は、前項の規定により、本サービスの運営を中止・中断するときは、予めその旨を会員に通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  9. 4 当社は、任意の理由により、ユーザへの事前通知をすることなく、いつでも本サービスの全部または一部を終了及び変更できるものとします。当社は、本サービスの終了及び変更によってユーザ及び第三者に何らかの損害が生じたとしても、一切責任を負わないものとします。
  1. (知的財産権)
  2. 第12条 本アプリを含む本サービスを構成するすべてのリソースに関する一切の権利は、当社または当該権利を有する第三者に帰属するものとし、ユーザは本サービスの利用のみができます。ユーザは、当社の許可なく、所有権、著作権、商標を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権、コンテンツ素材に関する権利を侵害する一切の行為をしてはなりません。
  1. (連絡方法)
  2. 第13条 当社は、ユーザが本アプリの利用端末を変更した場合など、ユーザに通知または連絡の必要があると当社が判断した場合は、本アプリまたは本アプリにおいて登録されたメールアドレス、電話番号若しくは住所に対し、メッセージング機能、電子メール、電話または郵便を用いて通知または連絡を行うことができるものとします。なお、当社がユーザに通知または連絡を行ったにもかかわらず、当該ユーザから返答がなかった場合に生じる当該ユーザの不利益については、当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 2 ユーザの責に帰すべき事由により、当社からの通知及び連絡が不着、遅延などによって生じる損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 3 ユーザは、当社に通知、連絡または問合せをする必要が生じた場合、本アプリ内のお問い合わせフォームの送信、または本アプリにおいて表示する問合せ先に電子メール送信若しくは郵送をすることをもって、当社に対し、問合せを行うことができるものとします。
  5. 4 前項に基づきユーザから問合せがあった場合、当社は、当社が定める方法により、ユーザの本人確認を行うことができるものとします。また、問合せに対する回答方法(電子メール、書面による郵送、電話など)については、その都度当社が最適と考える回答方法を利用することができるものとし、その回答方法をユーザが決めることはできないものとします。
  1. (届出事項の変更)
  2. 第14条 ユーザは、本アプリにおいて登録した情報(氏名、住所、連絡先、メールアドレスなど)に変更が生じた場合は、遅滞なく変更内容を登録し直すものとします。
  3. 2 前項の登録を怠ったために当社からの通知、送付書類その他のものが延着しまたは到着しなかった場合は、通常到着すべきときにユーザに到着したものとみなします。但し、前項の変更の登録を行わなかったことについて、やむを得ない事情がある場合は、この限りでありません。
  1. (紛争、準拠法)
  2. 第15条 当社とユーザとの本規約に関するすべての紛争につき、福岡地方裁判所または福岡簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
  3. 2 本規約はいずれも日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。
  1. (規約の変更)
  2. 第16条 当社は、本アプリを通じての通知、電子メールでの通知、書面、当社ウェブサイトその他当社の判断する方法で、ユーザにその内容を通知する方法により、本規約を変更することができるものとします。なお、当社からその内容を通知した後にユーザが本アプリを用いて本人認証した時に有効になるものとし、ユーザは当該変更内容を承認したものとみなされることに異議のないものとします。変更後は、変更後の内容のみ有効とします。

Beacon Bankの利用に関する附則

  1. (Beacon Bankの利用について)
  2. 本アプリは、位置情報に応じたコンテンツの配信、利用状況把握によるマーケティング情報の取得・サービス改善などを目的に、以下のサービスを利用するものとします。アプリユーザは、その利用及び情報の提供を承諾するものとします。
  3. (1) 本アプリにおいては、店舗などに設置されたBeacon端末への反応またはGPS測位データなどにより取得する位置情報を活用した情報配信など位置情報関連サービスを提供するため、株式会社unerry(本店所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビル21階)の提供するビーコン情報管理プラットフォーム「Beacon Bank」を利用します。
  4. (2) 本アプリにおいては、以下の情報をBeacon Bankに提供します。
  5. ①スマートフォン端末などの端末情報(端末機種名、端末メーカー、端末OSバージョン。)
  6. ②広告識別子(IDFAまたはGoogle Advertising IDなど。)
  7. ③スマートフォン端末などにかかる位置情報
  8. ④アプリユーザの取得した近傍のビーコンにかかる情報
  9. ⑤本アプリの利用状況にかかる情報(位置情報利用許可の有無、Bluetoothのオン/オフ、プッシュコンテンツの閲覧・開封日時、反応したビーコンの情報を含みます。)
  10. ⑥本アプリの提供者が必要と判断したアプリユーザのセグメント情報(年代、性別、職業など。ただし、個人情報を除きます。)
  11. ただし、②については、アプリユーザが任意にオプトアウトすることができるものとします。
  12. (3) 株式会社unerryにおいては、本規定により取得した情報を、本アプリの提供者に対して電磁的方法または書面により提供することがあるほか、本アプリの提供者に対するそのアプリユーザへの情報配信サービスの提供、本アプリの提供者に対するマーケティングサービス・本アプリの利用状況の統計情報の提供ならびにBeacon Bankにかかるサービスの品質の維持・向上及びマーケティングのために用います。また、前号④の情報については、個人を特定せず、ビーコンの発するIDを特定しない状態にて、ビーコンにかかる情報を公開することがあります。なお、株式会社unerryは、取得した情報を個人を特定する目的で用いないものとし、同社のプライバシーポリシー(第三者提供を停止する方法を含みます。)は、同社のウェブサイトにおいて提供されており、トップページにそのリンク先が明示されています。
  13. (4) 上記のほか、株式会社unerryは、当社または当社が本アプリ運営のために提携する事業者及び当社が別途認めた事業者(広告事業社及びシステムインテグレーターを含む第三者)に対して、第2号に規定される情報及びこれらに係る分析情報を電磁的方法または書面により提供する可能性があります。これらのデータ提供は、オンライン広告・コンテンツの配信やその効果の測定、モバイルソリューション提供及びマーケティングを目的としてなされるものとします。
  14. 2020年10月1日改定