地域を元気に

基本的な考え方
 地域に貢献する環境づくりに取り組み、地域の皆さまとともに地域に根差した伝統や文化をはぐくみ、次なる発展へ導くことは、当社グループの使命であると考えています。地域の元気が当社グループの元気につながるとの想いのもと、次のような取り組みを積極的に推進し、地域の元気をつくり続けます。
地域を元気に
JR九州ウォーキング
 九州各地で駅を拠点に地域の見どころを散策する「JR九州ウォーキング」。1999年5月にスタートし、2020年3月期に20周年を迎えました。その地域の自然、名所、食、お祭りなどをテーマに、自治体や地域の皆さまの協力をいただきながら、散策コースをつくっています。健康志向の高まりもあり、2019年には、12万人を超えるお客さまにご参加いただきました。駅を中心としたコース設定となっており、鉄道利用の促進、JR九州グループのファンづくりにもつながっています。地域との継続した良好なコミュニケーションがあるからこそ、生まれる商品です。
 私たちは、JR九州グループのあるべき姿である「安全とサービスを基盤として九州、日本、そしてアジアの元気をつくる企業グループ」の実現に向けてステークホルダーとの長期的・安定的な信頼関係を構築する必要があると考えます。JR九州グループ倫理行動憲章においても、地域社会への貢献「私たちは、地域の活性化に貢献し、地域とともに発展することを目指します」を掲げています。
地域に貢献している社員に対する定期表彰の取り組み
 JR九州では、奉仕活動や青少年育成に関する活動、地域清掃などを通じて地域に貢献している社員を定期的に社内表彰しています。2020年3月期は長年にわたりバレーボールの指導をおこない青少年の健全な育成に大きく貢献した社員を地域貢献優秀賞として表彰しました。このように社員の地域での活動が「地域を元気に」する活動につながっています。
博多まちづくり推進協議会
 博多まちづくり推進協議会は、「九州」「アジア」の玄関口である博多駅地区を舞台に、住む人、働く人、訪れる人が主役となったまちづくりを進め、皆に愛され誇れるまち、新たな時代の魅力的な風格のあるまちの創造を理念としています。 2020年度は、新たに「拡げる」と位置づけた「アクションプラン(2020-2022)」の初年度であり、「歩いて楽しいまちづくり」、「美しく安心なまちづくり」を基本方針に掲げ活動を行いました。まちづくりの基本である「クリーンデイ」について、新型コロナウイルス感染症の影響により上期(4月~9月)は中止し、10月から新型コロナウイルス感染症対策として、従来行っていた朝礼の廃止、ビニール手袋の配布、トングの事前消毒等を行って実施しました。当社は、博多まちづくり推進協議会の事務局として、また、一会員として博多のまちづくりの推進のための活動を継続しています。

クリーンデイ年間参加者数 1,306人 (施月:10月、11月、12月、3月)