社員の健康づくりの取り組み

JR九州グループ健康宣言

当社グループは、2021年4月に「JR九州グループ健康宣言」を制定しました。社員一人ひとりが『元気』に“いきいき”と活躍することで、さらなる『地域の元気』をつくっていけるよう、グループ一体となって健康経営を推進してまいります。


JR九州の健康経営推進体制

社長を健康経営責任者、人事担当役員を健康経営推進責任者と定めた健康経営推進の体制を構築しています。健康経営を会社の経営上の重要な施策の一つとして捉え、その取り組みについて取締役会に報告しています。健康経営を推進するため人事部、産業保健スタッフ、健康保険組合が連携しながら、各職場と共に社員の健康づくりの取り組みを進めています。また、JR九州グループ各社においても、健康経営責任者および推進担当部署を定め、JR九州を中心として各社の情報連携を図ることで、グループ全体で取り組みを推進する体制をつくっています。


体制図

JR九州の健康づくり

当社では、役員等により構成される経営会議において、社員の健康状態や管理状況のフィードバックを行い、課題等を議論のうえ、毎年度の「健康づくり基本方針」を策定しています。  また、社員の健康数値に関するKPIを設定(中期経営計画期間に合わせて設定)することで、取り組みの進捗を図る指標としています。

健康経営優良法人

2022年3月、当社は、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」の取り組みが優良であると認められ「健康経営優良法人2022」の認定を受けました。


■「健康づくり基本方針」に定める取り組みの概要

具体的な取り組みとしては、産業医・保健師スタッフの職場巡回・健康相談などによる健康管理のサポートに加え、社員が楽しみながら健康づくりに取り組めるイベントを開催するなど、健康への意識啓発や運動習慣を身につける働きかけを積極的に行い、人事部や健康管理室が中心となって社員の健康づくりを推進しています。

☆知る・学ぶ

(1) 社員の健康課題の把握と指導

 (健康診断、二次健診、保険指導、35・39歳を対象とするプレ特定保健指導の実施、ストレスチェック)

(2) 知る、学ぶ機会の充実(eラーニング、kencomでの健診結果開示、衛生管理者養成、Web健康塾)

☆実行する

(1) 健康づくりの習慣化に向けた具体的な取組

 (運動習慣・受動喫煙防止・禁煙・感染症予防・食生活改善・高齢者対象のeラーニング等)

(2) メンタルヘルス対策(ストレスチェック分析の活用、保健師面談)

(3) 働きやすい環境整備(労働時間管理、ワークライフバランス)

☆風土にする

(1) 「私の!健康宣言」の設定、表彰による社員の健康意識醸成、面談を活用した職場のフォロー体制強化

(2) 「職場の!健康宣言」の設定、優れた取り組みの水平展開

(3) 衛生管理者等への教育、情報共有

(4) グループ全体での健康経営の推進