九州旅客鉄道株式会社

  • JR九州グループのお店・サービス
  • 企業・採用
  • お問い合わせ ご意見・ご要望
  • 列車予約/時刻・運賃検索
    • 列車予約
    • 割引きっぷ
    • 運行情報
  • おすすめ列車の旅情報
    • 観光列車(D&S)
  • 宿泊旅行の予約・検索

閉じる

きっぷのルール

電話でのお問い合わせ

  • JR九州案内センター/営業時間:8:00~20:00
  • 050-3786-1717【全地区共通】

きっぷの種類

乗車券
  • 普通乗車券(片道・往復・連続)
  • 片道乗車券=A駅からB駅までの乗車券です。
  • 往復乗車券=A駅とB駅間で「ゆき」と「かえり」を同じルートで利用する場合の乗車券です。
  • 連続乗車券=A駅からB駅で折り返すなどしてC駅までというように、片道または往復とはならない場合の乗車券です。
  • 定期乗車券(通勤・通学)
  • 回数乗車券(普通・ミニ)
  • 団体乗車券(普通・学生・訪日観光)
  • 貸切乗車券
特急券
  • 新幹線特急券(指定席・自由席)
  • 在来線特急券(指定席・自由席)
急行券

グリーン券(新幹線用、在来線特急・急行列車用、普通列車用)
  • 九州内の特急列車の一部には、個室があります。
寝台券(A寝台・B寝台)
指定席券(急行列車または普通列車の指定席)
このほか、上記のきっぷを割引したり、乗車券と特急券を組み合わせたおトクなきっぷも発売しております。

きっぷの発売日

【乗車券】

発売日
原則としてお乗りになる日から有効な乗車券を発売します。指定券と同時にお求めの場合は1ヵ月前から発売します。
発売範囲
<JRグループの駅>
原則としてお申込みの駅からお乗りになる乗車券を発売しますが、指定券と同時にお求めの場合は、どの駅からの乗車券でも発売します。
<JR九州旅行支店や主な旅行会社>
どの駅からの乗車券でも発売します。

【指定券(特急券・グリーン券・寝台券・指定席券)】

発売開始日と発売時間
ご利用になる列車が、始発駅を発車する日の1ヵ月前(前月の同じ日)の10時から駅や旅行会社の窓口で一斉に発売します。
発売開始後の指定券は駅や旅行会社の窓口営業時間中発売しています。指定券は、各窓口営業時間内にお買い求めください。なお、駅の営業時間内であっても指定券を発売していない時間帯があることがあります。特に、早朝や深夜にご乗車になるお客さまは前もってお買い求めください。
前月に同じ日がない場合は次のようになります。
お乗りになる列車の出発日 3/29,30,31 5/31 7/31 10/31 12/31
指定券の売り出し日 3/1 5/1 7/1 10/1 12/1
夜行列車などの指定券購入にあたってのご注意
夜行列車など日をまたがって運転する列車の指定券は始発駅の出発日ではなく、実際にご乗車になる日付の指定券が必要です。途中駅からご乗車になる場合は購入される指定券の日付にご注意ください。なお、指定券の発売開始日は、始発駅を乗車する日の1ヵ月前の10時からとなります。

乗車券の有効期間

営業キロが100キロまでの場合と大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の乗車券は発売当日のみ有効ですが、101キロ以上の乗車券の有効期間は次のとおりです。

200キロまで 400キロまで 600キロまで 800キロまで 1000キロまで
2日 3日 4日 5日 6日

※1001キロ以上は200キロごとに1日を加えます。

有効期間早わかり方程式
Akm÷200km+1日=有効期間(小数点以下切り上げ)

往復乗車券の有効期間は、片道乗車券の2倍です(博多~新下関間にかかわる往復乗車券の有効期間は、「ゆき」「かえり」それぞれの合計です)。

乗車中に有効期間を経過した場合は、途中下車をしない限り券面に表示された最終駅まで使用できます。

おとなとこども

「おとな」と「こども」の区分は次のとおりです。

おとな 12歳以上(12歳でも小学生は「こども」です)
こども 6歳~12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)
幼 児 1歳~6歳未満
乳 児 1歳未満
こどもの運賃・料金
  • ●「こども」の乗車券、特急券、急行券、指定席券は「おとな」の半額です(5円の端数は切り捨てます)。ただし、半額とならない場合があります。
  • ●グリーン券、寝台券は「おとな」と同額です。
  • ●「おとな」1人と「こども」1人で、または「こども」2人で1つの寝台がご利用になれます。
「幼児」「乳児」の運賃・料金
  • ●「幼児」「乳児」は無料ですが、次の場合は「こども」の運賃・料金が必要です。
  • (1)「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合(3人目から「こども」の運賃・料金が必要です)。
  • (2)「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席、寝台等を利用する場合。
  • (3)「幼児」が単独で旅行する場合。

途中下車

●「途中下車」とは、旅行途中(乗車券の区間内)の駅でいったん改札口の外に出ることをいいます。次の例外を除き、乗車券は、後戻りしない限り何回でも途中下車することができます。

●次のきっぷでは途中下車できません。

●片道の営業キロが100キロまでの普通乗車券

●大都市近郊区間内(福岡、大阪、東京、新潟、仙台の各近郊区間)のみをご利用の場合の普通乗車券

●回数券

●一部の割引きっぷ

●特急券、急行券、グリーン券、寝台券、指定席券

●東京都区内・札幌・仙台・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・北九州・福岡の各市内発または着となる乗車券では、東京都区内、各市内の駅では途中下車できません。

●「神戸市内」発着の場合の特例
新幹線をご利用の場合に限って、三ノ宮、元町、神戸、新長田または新神戸の各駅では新幹線と在来線を乗り継ぐための途中出場ができます(ただし、当日中の乗り継ぎに限ります)。

割引乗車券

往復割引乗車券
●往復乗車券をご利用になる場合に、片道の営業キロが601キロ以上あれば、「ゆき」「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。
学生割引乗車券
JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生・生徒の方で、ご利用区間の片道の営業キロが101キロ以上ある場合、運賃が2割引になります(往復割引乗車券についても学生割引が適用になります)。
●10円未満の端数は切り捨てます。
●乗車券などをお求めの場合は、学校が発行する「学校学生生徒旅客運賃割引証」を窓口へお出しください。
「学校学生生徒旅客運賃割引証」1枚で片道・往復・連続乗車券のいずれか1枚をお求めいただけます。
※ お客さまのご旅行行程により「学校学生生徒旅客運賃割引証」が複数枚必要になることがあります。
<例> ご旅行日数が乗車券の有効期間を超える場合
8月5日  ゆき:福岡市内→名古屋市内
8月20日 かえり:名古屋市内→福岡市内
※福岡市内から名古屋市内までの往復乗車券の有効期間(12日間)を超えるご旅行であるため、それぞれ片道乗車券を発売します。この場合、「学校学生生徒旅客運賃割引証」が2枚必要です。
●ご旅行中は、学生証・生徒証などの証明書をご携帯ください。
団体割引乗車券
●団体の種類
8人以上のお客さまが同じ行程をご一緒に旅行される場合に割引となるもので、次の種類があります。
・普通団体…一般のお客さま
・学生団体…指定学校の学生・生徒・児童・園児8人以上がその学校の教職員に引率されて旅行する場合
※学校長の証明する団体旅行申込書が必要です。
●団体運賃の計算
1人分の割引運賃(10円未満の端数は切り捨て)に人数を乗じて計算します。
・普通団体
〈1月11日~2月末日、6月、9月、11月1日~12月20日〉……15%引
〈1月1日~10日、3月1日~5月31日、7月1日~8月31日、10月、12月21日~31日〉……10%引
※31~50人の普通団体は1人分の運賃・料金が無料になります。51人以上では50人増すごとに1人分の運賃・料金が無料になります。
31~50人 51~100人 101~150人 151~200人
無料扱人数 1人分 2人分 3人分 4人分

・学生団体(団体専用列車利用の場合を除く)
(中学生以上)………50%引
(小学生以下)………30%引
(教職員、付添人(小学校低学年などの団体))………30%引
※列車を団体専用としてご利用になる場合は、団体運賃の計算が異なります。

●お申込み期間
【通常の列車】… 出発日の9ヶ月前から14日前まで。(但し、JR九州内完結となる団体は5日前まで。)
【団体専用臨時列車などの場合】… 出発日の9ヶ月前から2ヶ月前まで。
●受付窓口
JRの駅・JR九州旅行支店、主な旅行会社でお受けします。

回数乗車券

種類 区間 おねだん 有効期間
普通回数券
(11枚つづり)
200キロ以内の区間 片道普通運賃の10倍の金額 3ヶ月
ミニ回数券
(6枚つづり)
JR九州線の200キロ以内の区間 片道普通運賃の6倍のおねだんを
1割引した金額
(10円未満の端数切り捨て)
1ヶ月
  • ●1枚ずつご利用になれます。
  • ●普通列車の普通車自由席に乗車できます。
  • ●途中下車、乗車区間の変更はできません。
  • ●おとなの回数券1枚でこども2人までご利用になれます。
  • ※九州新幹線・特急列車をご利用になれる、回数券タイプの割引きっぷもございます。
    詳しくはこちらをご覧ください。

運賃計算の特例

新幹線と在来線が並行する区間の特例
●新幹線と在来線が並行している区間では、同じ線として営業キロ等の計算をします。
  • ・東海道・山陽新幹線=東海道本線・山陽本線・鹿児島本線
  • ・九州新幹線=鹿児島本線
  • ・東北新幹線=東北本線
  • ・上越新幹線=東北本線・高崎線・上越線・信越本線
●ただし、次の区間内の各駅(両端の駅を除きます)を発駅もしくは着駅または接続駅とする場合は、別の線として営業キロ等の計算をします。
東海道・山陽新幹線と在来線 品川~小田原、三島~静岡、名古屋~米原、
新大阪~西明石、福山~三原、三原~広島、広島~徳山
九州新幹線と在来線 博多~久留米、筑後船小屋~熊本
東北新幹線と在来線 福島~仙台、仙台~一ノ関、一ノ関~北上、北上~盛岡
上越新幹線と在来線 熊谷~高崎、高崎~越後湯沢、長岡~新潟

例:岡山から新幹線を利用して名古屋経由で岐阜まで乗車される場合(別の線として営業をとおして計算する場合)

新下関~博多間を利用する場合の特例
●新下関~博多間を含む区間については、在来線と新幹線とでは運賃が異なります。きっぷをお求めの際は、ご利用になる経路をご指定ください。
●この区間を含む場合については、ゆき新幹線、かえり在来線(逆も同じ)であっても往復乗車券を発売します(片道601km以上の区間については往復割引を適用します)。

例:小倉~博多間の片道 例:広島~博多間の往復

大都市近郊区間内のみをご利用の場合の特例
●大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。
●重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。途中下車する場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。

福岡近郊区間

※新幹線で小倉~博多間をご利用になる場合は含まれません。

特定の都区市内駅を発着する場合の特例
福岡市内・北九州市内の駅(図参照)とその市内の中心駅(図の中で◎の駅)から営業キロが201キロ以上ある駅との区間の運賃は、そのゾーンの外を経てから再びそのゾーンを通過する場合(またはそのゾーンを通過し、外を経てから再びそのゾーンに戻る場合)を除いて、「中心駅から」または「中心駅まで」の営業キロまたは運賃計算キロで計算します。
ただし、「福岡市内」に姪浜駅、下山門駅、今宿駅、九大学研都市駅及び周船寺駅は含まれません。
◎ゾーン内の駅では、駅名標に 九福のマークがついています。

「九」:北九州しないの駅 「福」:福岡市内の駅
●都区市内発(または着)の乗車券は、それぞれの同じゾーン内ならどの駅でも乗り始める(または降りる)ことができます。ただし、同じゾーン内の駅では途中下車できません。
特定の列車による折り返し区間外乗車
●特急「ソニック」のように、博多~小倉~大分間で直通運転する列車は、小倉で途中下車しない限り小倉~西小倉間のキロ数は含めないで運賃・料金の計算をします。
分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例
●次の区間の左側の駅から枝分かれする一方の線区から他方の線区まで乗車する場合で、列車が左側の駅を通過するため左側の駅と右側の駅との間を折り返し乗車する場合は、同区間のキロ数は含めないで運賃計算をします(定期券は除きます)。ただし、折り返し区間内では途中下車はできません(途中下車される場合は同区間に対する運賃が必要です)。
西小倉―小 倉 吉 塚―博 多 久保田―佐 賀 城 野―小 倉
夜 明―日 田 宇 土―熊 本 田 吉―南宮崎  
特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例
●次の区間をご利用になる場合は[ ]内の太線区間のキロ数は含めないで計算します。同区間内では途中下車できません。
 ◆折尾以遠(水巻方面)の各駅と東水巻以遠の各駅との相互間[折尾~黒崎]
※ただし、鹿児島本線と筑豊本線を直通する列車に乗車する場合に限ります。

水巻 折尾 陣原 黒崎 八幡 束水巻 中間

定期券

●定期券の種類
通勤定期券・通学定期券を発売します。有効期間は、1・3・6ヶ月のものを発売します。
通学定期券には、大学生用(専門学校などを含む)・高校生用・中学生用・小学生用があります。
●うりば
お勤め先・学校・お住まいのいずれかの最寄駅(定期券発売駅)にてお買い求めください。
●ご購入時に必要なもの
<通勤定期券>
・駅などに備え付けの申込書をご利用ください。
<通学定期券>
・学校の発行する「通学証明書」または「通学定期券購入兼用証明書」(学生証と兼用のもの)が必要です。

継続で定期券をご購入の場合、申込書・通学証明書(通学定期券購入兼用証明書)を省略できることがあります。詳しくは駅係員におたずねください。

●在来線定期券で新幹線をご利用になる場合
お持ちの在来線定期券の区間に、新幹線停車駅を2駅以上含む場合、新幹線区間の新幹線の自由席特急券または特定特急券をお求めいただければ普通車自由席がご利用になれます。 また、在来線定期券で新幹線をご利用になるお客さま向けに、特急回数券を設定している区間もございます。詳しくは駅係員におたずねください。

<新幹線に乗車できる在来線定期券の例>

【例1】定期券区間「吉塚~久留米」の在来線定期券
定期券区間に、新幹線停車駅「博多、久留米」の2駅が含まれますので、博多~久留米間の新幹線に乗車できます。

【例1】定期券区間「吉塚~久留米」の在来線定期券

【例2】定期券区間「香椎~佐賀」の在来線定期券
定期券区間に、新幹線停車駅「博多、新鳥栖」の2駅が含まれますので、博多~新鳥栖間の新幹線に乗車できます。

【例2】定期券区間「香椎~佐賀」の在来線定期券

※定期券区間「博多~鳥栖」の在来線定期券のように、新幹線停車駅を1駅しか含まない場合は、新幹線には乗車できません。

SUGOCA定期券では新幹線をご利用になれません。磁気定期券でのご利用に限ります。ご了承ください。また、在来線用の特急定期券「エクセルパス」での新幹線乗車については、区間によりお取扱いが異なります。詳しくは駅係員におたずねください。

●在来線定期券で特急列車をご利用になる場合
JR九州管内では、別に特急券・グリーン券をお求めいただければ、その区間の特急列車の普通車自由席・普通車指定席・グリーン席がご利用になれます。
●ご注意
  • ・定期券は券面にお名前の記入されたご本人のみご利用になれます。
    ※通学定期券をご利用の際には、学生証・生徒証などの証明書をご携帯ください。
  • ・定期券は券面に表示された経路のみご乗車になれます。区間外・経路外のご乗車には、乗り越し区間の運賃が別途必要です。

グリーン券

  • ●グリーン料金は実際にご乗車になる区間の営業キロによって計算しますが、新幹線、在来線特急(急行)、快速(普通)では料金が異なっています。また、特急・急行列車のグリーン車(個室を含みます)をご利用の場合は、特急・急行券と一緒にグリーン券をお求めください。
  • ●「おとな」と「こども」は同じ料金です。
    〈JR九州内のグリーン料金〉

【九州新幹線】

営業キロ 100キロまで 200キロまで 201キロ以上
グリーン料金 1,030円 2,060円 3,090円

【在来線】

営業キロ 100キロまで 200キロまで 201キロ以上
グリーン料金 1,030円 1,570円 2,520円
DXグリーン料金 1,650円 2,670円 3,700円
グリーン個室料金 2,060円 3,140円 5,040円

※グリーン料金について、佐賀~長崎間をご利用の場合は1,030円、別府~宮崎間(100キロまでの区間は1,030円)は1,570円、博多~直方間(篠栗線・筑豊本線経由)は310円です(ただし、博多~吉塚間は特急〔かいおう〕に乗車する場合のみ310円です)。また、DXグリーン料金について、佐賀~長崎間をご利用の場合は1,650円、別府~宮崎間(100キロまでの区間は、1,650円)は2,670円です。

※JR九州内のグリーン個室(定員4人)をご利用の場合は、ご利用の人員にかかわらず、グリーン料金2人分と実際にご利用になる人数分の運賃及び特急料金が必要です。

●九州新幹線のグリーン車をご利用の場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金から520円引きになります。JR九州内の在来線の特急列車のグリーン車をご利用の場合は、通常期の指定席特急料金から510円引きになります。

●九州新幹線と東海道・山陽新幹線(東京~博多間)を、新幹線の改札口を出ないで乗り継ぐ場合(直通して乗車する場合を含みます)のグリーン料金は、九州新幹線のグリーン料金と、東海道・山陽新幹線のグリーン料金を合計した額です。

【東海道・山陽新幹線のグリーン料金】

営業キロ 100キロまで 200キロまで 400キロまで 600キロまで 800キロまで 801キロ以上
グリーン料金 1,280円 2,750円 4,110円 5,300円 6,480円 7,650円

●博多~宮崎空港間(鹿児島本線・日豊本線経由に限ります)のグリーン券は、別府駅または大分駅で改札口を出ないで乗り継ぐ場合、通しの料金でご利用になれます。ただし、DXグリーンまたはグリーン個室をご利用の場合のグリーン券を除きます。

JR九州内の普通列車のグリーン料金は、50キロまで510円、51キロ以上は720円です。

特急券

  • ●特急料金には、ご利用になる座席により指定席特急料金と自由席特急料金があります。指定席特急料金はシーズン別となっており、ご利用になる日によって、通常期・繁忙期・閑散期に分けられ、ねだんが異なります。また、自由席特急料金やグリーン車、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金の520円引き(JR九州内の在来線は510円引き)です(繁忙期も閑散期も同額です)。
  • ●特急料金には、新幹線の特急料金と在来線の特急料金があります。
  • ●区間によっては、おトクな特急料金もあります。
  • ●こどもの特急料金は、おとなの半額(端数切り捨て)です。
  • ●指定席特急券は、指定された列車に限って有効です。自由席特急券は、1列車1回に限り1日間有効です。
●シーズン別の指定席特急料金
  •  ・閑散期に特急の普通車指定席をご利用の場合、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。繁忙期の場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しとなります。
  •  ・九州新幹線をご利用の場合
    • ◆閑散期…
      1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の期間の月~木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除きます)。
      ◆繁忙期…
      3月21日~4月5日、4月28日~5月6日、7月21日~8月31日、12月25日~1月10日。
      ◆通常期…
      閑散期、繁忙期以外の日です。
  • ・JR九州内の在来線をご利用の場合
    • ◆閑散期…
      1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の期間の月~木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除きます)。
      ◆通常期…
      閑散期以外の日です。

      ※特急〔あそぼーい!〕の「パノラマシート」または「白いくろちゃんシート」をご利用の場合の特急料金に閑散期はありません。

●九州新幹線の特急料金

  • ・新幹線の特急料金は駅間ごとに決めています。 ご利用になる区間の料金は、こちらでお調べいただけます。
  • ・全区間自由席をご利用の場合の自由席特急料金は、通常期の指定席特急料金から520円引きになります。一部区間指定席をご利用のときは全区間指定席特急料金になります。
  • ・新幹線の改札口を出なければ、2つ以上の新幹線の列車を途中で乗り継いでも特急料金は新幹線の全乗車区間を通しで計算します。

●在来線の特急料金

JR九州内で在来線特急列車をご利用の場合の特急料金は、列車ごとに、実際にご利用になる区間の営業キロによって次の表をご覧ください。
営業キロ 25キロまで 50キロまで 75キロまで 100キロまで 150キロまで 200キロまで 300キロまで 301キロ以上
指定席特急料金 810円 1,130円 1,330円 1,440円 1,740円 1,890円 2,000円 2,160円
自由席特急料金 300円 620円 820円 930円 1,230円 1,380円 1,490円 1,650円

●特急〔あそぼーい!〕の「パノラマシート」または「白いくろちゃんシート」をご利用の場合の指定席特急料金は、通常期の指定席特急料金に210円増しした額です(通年同額)。

●おトクな特急料金

門司港または下曽根・小倉~博多間の停車駅相互間(25キロまでの区間を除く)の特急料金 指定席(通常期)
1,020円
自由席
510円
博多~直方間(篠栗線・筑豊本線経由)の停車駅相互間(25キロまでの区間を除く)の特急料金 自由席
410円
宮崎~南郷間の停車駅相互間(25キロまでの区間を除く)の特急料金 指定席(通常期)
1,020円
自由席
510円
国分~鹿児島中央間、霧島神宮~重富間または吉松~隼人間の停車駅相互間の特急料金 指定席(通常期)
810円
自由席
300円
上記以外の霧島神宮または吉松~鹿児島中央間の停車駅相互間の特急料金 指定席(通常期)
1,020円
自由席
510円

●博多~宮崎空港間(鹿児島本線・日豊本線経由に限ります)の特急券は、別府駅または大分駅で改札口を出ないで乗り継ぐ場合、通しの料金でご利用になれます。

乗継割引

以下に紹介する条件で、JR線の特急列車や急行列車を乗り継ぐと特急・急行料金、指定席料金が半額になります。特急グリーン(個室を除きます)、特急寝台(2人用の個室及び一部の列車を除きます)をご利用になる場合も、特急料金分が半額になります。なお、10円未満の端数は切り捨てとなります。出発前に、乗車券及び乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります(乗車券をすでにお持ちの場合はご呈示ください)。乗車後はこのお取扱いはいたしません。
なお、JR線とJR以外の会社線を乗り継ぐ場合は、このお取扱いはいたしません。

新幹線と在来線の乗継割引
東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅、東北新幹線の新青森駅、上越新幹線の長岡駅・新潟駅、北陸新幹線の長野駅、直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)、金沢駅、津播駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)、大阪駅(新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)、坂出駅・高松駅(坂出駅及び高松駅は岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)または青森駅(新青森駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限ります)で新幹線から在来線の特急・急行列車にその日に乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。
※新青森~青森間のみをご乗車になる場合は割引の対象になりませんが、乗車券のみで特急・急行列車の普通車自由席をご利用になれます。
●新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高い方の料金が割引となります。
●九州新幹線には乗継割引はありません。

指定席券

●JR九州内の普通列車の指定席料金は次の表のとおりです。

JR九州
〔いさぶろう〕
〔しんぺい〕

1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の期間の月~木曜(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除きます) 310円
上記以外の日 510円
〔SL人吉〕用客車 SLがけん引する場合の運転日 820円
上記以外の場合の運転日 510円
上記以外の列車 通年 310円

入場券

   
入場券エリア おとな こども
小倉駅・博多駅 140円 70円
JR九州内(上記除く) 160円 80円
  • ●入場券では列車に乗車できません。お乗りになった場合は別に運賃をお支払いいただきます。
  • JR九州の小倉駅、博多駅では入場券の使用時間が発売時刻から2時間以内となっています。また、2時間を超えた場合には、超えた時間に対して2時間ごとに入場料金を加算させていただきます。

手回り品

〈持ち込めない荷物〉
●危険品、暖炉・コンロ、動物、死体、不潔なもの、臭気を発するもの、他のお客さまに危害を及ぼすおそれのあるもの、車内などを破損するおそれのあるものなどは車内への持ち込みはできません。
※少量の小鳥、小虫類、初生ひな、魚介類でケースに入れたものは除きます。
〈持ち込める荷物〉
●携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ(長さは2メートルまで)以内、重さが30キロ以内のものを2個まで持ち込むことができます。(ただし、傘、つえ、ハンドバックなど身の回り品は個数に数えません。)
〈無料のもの〉
●旅行鞄、スーツケース、スポーツ用品(サーフボードは専用の袋に収納したもの)、楽器、娯楽用品、玩具、その他携帯できる荷物

※スポーツ用品、楽器、娯楽用品などは、長さの制限を超える場合であっても、車内で立てて携帯できるものは持ち込むことができます(専用の袋、ケースなどに収納するようにしてください)。
●サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したものまたは、折りたたみ式自転車においては折りたたんで専用の袋に収納したもの
●身体障害者補助犬法に定める盲導犬、介助犬、聴導犬を使用者本人が随伴する場合。ただし、法に定める表示等を行っている場合に限ります。
●車イスで、長さ・高さが120センチ以内で、幅が70センチ以内のもの
〈有料のもの〉
小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除きます)で、
・長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースにいれたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの
●手回り品料金は、1個につき280円です。ご乗車になる駅の改札口などで荷物をお見せのうえ、普通手回り品きっぷをお求めください。

(お願い)

  • ・手回り品の持込みや保管は、お客さまご自身でお願いいたします。
  • ・小動物(ペット等)を持ち込まれる場合は、駅や車内ではケースから出さないようお願いいたします。
  • ・特に大きな荷物などを持ち込まれる場合は、時間帯によっては他のお客さまのご迷惑となることがありますので、細心のご注意をもって取り扱われるよう、ご協力をお願いいたします。
  • ・安全のため、車内の網だなには重量のある荷物や不安定な形状の荷物はお載せにならないようお願いいたします。
  • ・他のお客さまにご迷惑をおかけするおそれがある場合や列車が大変混雑している場合などは、持込みをお断りする場合があります。

※手回り品については、こちらでもご案内しております。あわせてご覧ください。

きっぷの変更

〈使用開始前〉
●使用開始前で有効期間内のきっぷ(定期券、回数券、割引きっぷは除きます)は、1回に限って同じ種類のきっぷに手数料なしで変更できます。この場合、不足があればお支払いいただき、余りがあるときはお返しします。
●変更が2回目となる場合は、駅や旅行会社で払いもどしのうえ、ご希望のきっぷを買いなおしてください。
●指定券はご利用の列車の乗車駅発時刻前に限り変更できます。発車後は無効になりますのでご注意ください。
●指定券の変更はみどりの窓口などで指定券を発売している時間内にお申し出ください。
●自由席特急券、特定特急券、急行券、自由席グリーン券は同じ種類のきっぷのほか指定券への変更もできます。
●クレジットカードを使用してお求めになったきっぷは、お求めになった会社によりお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。
〈使用開始後〉
●使用開始後のきっぷを変更する場合、不足分の運賃・料金をお支払いいただきますが、過剰となる場合でも払いもどしいたしません。ただし、普通乗車券については、未使用区間が1券片101キロ以上ある場合は払いもどしいたします。また、特定の都区市内の駅着となる乗車券で乗り越しされる場合は、乗り越す駅の方向にあるゾーンの出口の駅から乗り越し区間の運賃をいただきます。
●乗車券で乗り越しされる場合は、乗り越し区間の運賃をいただきます。また、目的地の方向や目的地までの経路を変更される場合は、変更される区間とお乗りにならない区間の運賃を比較して差額をいただきます。ただし、次の場合は全区間について変更前と変更後の運賃を比較して差額をいただきます。
・片道の営業キロが100キロ以内の普通乗車券で行き先を変更された場合
大都市近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券で同じ大都市近郊区間内の駅に変更された場合
〈指定の列車の乗り遅れ〉
●指定席特急券、グリーン券、寝台券、指定席券(割引きっぷを含みます)は、指定された列車の発車時刻を過ぎると無効になり、払いもどしができません。
●指定席特急券については、乗り遅れた場合でも指定された列車の乗車日と同じ日のうちなら普通車自由席に限ってご利用になれます。なお、指定席にご乗車になる場合は、指定席特急料金を全額お支払いいただきます。

きっぷの払いもどし

●きっぷの払いもどしは、駅の精算所、旅行センター(一部の旅行センターでは、お取り扱いできないところもあります)、主な旅行会社の窓口でお取り扱いいたしますが、団体乗車券、一部の割引きっぷは、お求めになった窓口にお申し出ください。

〈使用前で有効期間内のきっぷ〉
●次の表の手数料をいただいて払いもどしいたします。
きっぷの種類 払いもどし条件 手数料
乗車券
回数券
定期券
急行券
自由席特急券
特定特急券
自由席グリーン券
使用開始前で有効期間内
(前売りの乗車券類については
有効期間の開始日前を含みます)
220円


立席特急券 出発時刻まで 220円
指定席特急券
指定席グリーン券
寝台券
指定席券
列車出発日の2日前まで 330円
出発日の前日から出発時刻まで 30%
ただし最低330円
割引きっぷ 商品ごとに異なりますので係員におたずねください。
●列車の出発日またはその前日にいったん変更した指定券(立席特急券を除きます)を払いもどすときには手数料30%をいただきます。
●特急券とグリーン券、特急券と寝台券、急行券と指定席券などを1枚で発行した指定券の払いもどし手数料は、グリーン券、寝台券、指定席券の分のみいただきます。
●クレジットカードを使用してお求めになったきっぷは、お求めになった会社によりお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。

〈使用開始後のきっぷ〉

  • ●乗車後の乗車券は、有効期間内でお乗りにならない区間の営業キロが1券片100キロを超える場合のみ払いもどしいたします。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお乗りになった区間の普通運賃と手数料220円を差し引いた残額です。
  • ●使用開始後の定期券の払いもどしは、次によります。
  • <JR九州管内の区間の定期券>
  • 発売額から「経過月数分の定期運賃」と「端数日数分の往復運賃」及び「手数料220円」を差し引いた額を払いもどしいたします。なお、「端数日数分の往復運賃」が1ヶ月の定期運賃を超える場合は、1ヶ月経過として換算します。
  • <JR西日本にまたがる定期券>
  • 1ヶ月未満のは数日数を1ヶ月とし、発売額から「経過月数分の定期運賃」及び「手数料220円」を差し引いた額を払いもどしいたします。
    ※払いもどし額がない場合もあります。
  • ●定期券の区間変更はできません。新しい区間の定期券をお求めいただき、古い区間の定期券は払いもどしをいたします。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日の端数は1旬とします)に定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。
  • ●不要となった回数券の未使用の券片は、有効期間内に限って払いもどしいたします。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった枚数分の普通運賃と手数料220円を差し引いた残額です。ただし、払いもどし額がない場合もあります。
  • ●割引きっぷについては、商品によってお取扱いが異なりますので、係員におたずねください(使用開始後の払いもどしができない商品があります)。

きっぷをなくした場合

  • ●きっぷをなくした場合、駅のきっぷうりばや列車の係員にその旨を話して、紛失再発行用として同じきっぷ(なくしたきっぷが割引きっぷ(「○○往復割引きっぷ」など。また、「ジパング倶楽部」の割引や「レール&レンタカーきっぷ」なども含みます)の場合は、なくしたきっぷと同じ区間・列車・設備の無割引のきっぷ)をもう一度お買い求めください(「紛失再」の表示をいたします)。指定券については、同じ列車の指定券に限ります。買いなおしたきっぷは、下車駅で「再収受証明」を受け、そのままお持ち帰りください。
  • ●1年以内になくしたきっぷが発見された場合、そのきっぷと、「再収受証明」のあるきっぷの両方を駅へお持ちください。発見されたきっぷについて(なくしたきっぷが割引きっぷの場合は、あとからお買い求めいただいた無割引のきっぷについて)、手数料220円(指定券は330円)をいただき、「再収受証明」のあるきっぷの運賃・料金を払いもどします。なくしたきっぷが割引きっぷの場合、あとからお買い求めいただいたきっぷのご利用状況などにより、払いもどしができない場合があります。詳しくは係員におたずねください。
  • ●きっぷが盗難にあわれた場合も、同様のお取扱いとなります。
  • ●定期券、回数券及び割引きっぷ(一部を除きます)はこのお取扱いはいたしません。紛失しないようにご注意ください。

事故などの場合の取扱い

●事故などにより列車が運転できない場合や列車が遅れた場合については、JRの運送約款である旅客営業規則に定める条件及び内容に限ってお取扱いをし、その他のお取扱いはいたしません。旅客営業規則に定める主なお取扱いは次のとおりです。

〈列車が運転できない場合〉
●きっぷをお求めになる前
列車が運転できない区間を発着または通過となるきっぷの発売を中止します。ただし、バスなど他の方法で連絡できるようになった場合や他の経路を迂回して運転する場合、その区間は開通したものとしてきっぷを発売することがあります。
●すでにきっぷをお持ちの場合
旅行をとりやめる場合は、運賃・料金の全額をお返しします。また、旅行の途中でとりやめる場合は、お乗りにならない区間の運賃はお返しします。その場合、運転をとりやめた列車の特急・急行料金などは全額お返しします。
●乗車中の特急列車が目的地までの途中駅で運転をとりやめた場合は、後続の特急・急行列車(運転をとりやめた列車が急行列車の場合は急行列車)にご乗車になれます。この場合、運転をとりやめた列車の特急・急行料金は全額お返しします。ただし、品川~東京間(東海道新幹線を含みます)、上野~東京・品川間、大阪~新大阪間及び東北、上越、北陸新幹線の大宮~上野・東京間または上野~東京間のみ運転をとりやめた場合は、特急・急行料金の差額のみのお返しとなります。寝台料金は、使用開始後朝6時までの間に一部区間または全区間をご利用いただけなかった場合に限り、全額お返しします。
●そのほか出発駅へ無料でお戻りになることもできます。この場合は運賃・料金の全額をお返しします。
●定期券、回数券については、5日以上連続して不通の場合に限って有効期間の延長や払いもどしをいたします。
●割引きっぷについては、商品によって払いもどしなどのお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。
〈列車が遅れた場合〉
●特急・急行列車が、到着時刻より2時間以上遅れた場合は、特急・急行料金の全額をお返しします。
●列車が遅れたことによって、乗り換え列車などに接続しなかったため、お約束の到着時刻より2時間以上遅れる場合で、途中で旅行を取り止めるときや出発した駅までお戻りになるときのお取扱いは列車が運転できない場合と同様です。
●特急・急行列車がご利用になれる割引きっぷについては、商品によって払いもどしのお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。

JR九州予約センターのご案内

オフィスや自宅から電話一本で列車の指定席が予約できます。座ってくつろげる旅に、電話で出発してください。九州各地の駅のみどりの窓口でお受け取りいただけます。

地区 電話番号
(予約センター)
全国各県共通 050-3786-3489

※予約の受付やきっぷの購入期限について詳しくはこちらをご覧ください。

JR九州案内センターのご案内

運賃、時刻などのお問い合わせにお答えします。

地区 電話番号
(案内センター)
全国各県共通 050-3786-1717

障害者割引制度のご案内

●「身体障害者手帳」または「療育手帳」(旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄に「第1種」または「第2種」のあるもの)を提示されると、次の割引が適用となります。

種別 割引対象 乗車券類
種別
割引率 注意事項

1
ご本人さま単独 普通乗車券 50%
※2
・片道101km以上ご利用の場合に限ります。
ご本人さまと
介護者の方
普通乗車券
回数乗車券※1
普通急行券
定期乗車券
・介護者の方はお1人のみ割引が適用できます。
・小児定期は割引を適用できません。
・介護者の方が通学定期の資格をお持ちの場合も通勤定期となります。
・ご本人さまと介護者の方は、同一種類 ・区間の乗車券類を同時に購入していただきます。

2
ご本人さま単独 普通乗車券 ・片道101km以上ご利用の場合に限ります。
ご本人様
(12才未満に限る)
と介護者の方
定期乗車券 ・介護者の方はお1人のみ割引が適用できます。
・小児定期は割引を適用できません。
・介護者の方が通学定期の資格をお持ちの場合も通勤定期となります。
・ご本人さまと介護者の方は、同一種類・区間の乗車券類を同時に購入していただきます。
  • ※1 ミニ回数券(6枚つづり)は割引対象ではありません。
  • ※2 割引した運賃の5円の端数は切り捨てます。

●ご旅行中は、「身体障害者手帳」または「療育手帳」をご携帯ください。

PAGE TOP

PAGE TOP