JR九州
DESIGN&STORY

特急A列車で行こう

トップページ
列車の楽しみ方
D&S列車の旅 トップへ戻る

列車の楽しみ方

ステンドグラスに彩られた
バーカウンターで
特別なひとときを

16世紀に天草に伝わった南蛮文化がテーマ。列車名はジャズの名曲にちなんで名付けられた。古き良き時代を彷彿とさせるシックなインテリアと色鮮やかなステンドグラス。大人が愉しむ旅を演出する洗練された列車で映画のワンシーンのような至福の旅時間が流れていく。

運行区間マップ

車内の楽しみ方
How to enjoy

行き先

熊本駅情報 観光情報
列車をお出迎え
列車の到着を客室乗務員がホームに並んでお辞儀してお出迎え。始発駅ならではの光景。
まずは、Barタイム
所用時間が短いので1号車「A-TRAIN BAR」には発車前から列ができる事も。余裕を持って利用しよう。
在来線車両基地(進行方向左)
列車好きな方は必見のスポット!熊本駅を発車してすぐ、在来線の車両基地が間近に。
九州新幹線車両基地(進行方向左)
列車好きな方必見のスポットその2!宇土駅手前には新幹線車両基地が。同じ目線に新幹線車両が見える。
宇土駅情報 観光情報 三角駅情報 観光情報
金峰山(きんぽうざん)(進行方向右)
三角線に入るとカルデラ式火山が見えてくる。麓には宮本武蔵が晩年を過ごしたとされる霊巌洞もある。
海の中に軽トラと電柱?(進行方向右)
有明海に延びる電柱と堤防(長部田海床路:ながべたかいしょうろ)。満潮と干潮で全く違う景色を楽しむ事ができる。
満潮時の「長部田海床路」(進行方向右)
干満差日本一(約6m)の有明海。長部田海床路を満潮時に通過すると電柱が海の中に。
網田(おうだ)駅(進行方向右)
1899年に造られた熊本県内最古の木造駅で国の登録有形文化財に登録されている。
御輿来(おこしき)海岸(進行方向右)
干潮時には三日月型の砂紋が現れて幻想的な景色を作り出します。対岸には雲仙普賢岳が。
フォトサービス
「フォトパネルサービス」は日付入りなので旅の思い出づくりにピッタリ。
記念乗車証
車内で配布。スタンプをおして記念にどうぞ。
モタレノ瀬戸(進行方向左)
終点・三角が近づくと波がほとんどない静かな海辺と、橋で渡ることができる戸馳島が見えてくる。
三角駅
「A列車で行こう」の運行に合わせて南欧風レトロ調にリニューアルされた終点・三角駅。
三角駅待合室
南蛮文化をモチーフにした天井のデザインがお洒落な三角駅の待合室。
天草宝島ライン
駅前にある三角港からは天草宝島ライン「シークルーズ」が接続し、天草へエスコート。
三角駅情報
天草宝島ライン
天草から天草宝島ライン「シークルーズ」が接続し、駅前にある三角港へエスコート。
三角駅
「A列車で行こう」の運行に合わせて南欧風レトロ調にリニューアルされた三角駅。
三角駅待合室
南蛮文化をモチーフにした天井のデザインがお洒落な三角駅の待合室。
マリンベルで発車合図
上り列車の発車前のみ、客室乗務員が「マリンベル」を鳴らして発車合図。
モタレノ瀬戸(進行方向右)
三角を発車すると波がほとんどない静かな海辺と、橋で渡ることができる戸馳島が見えてくる。
フォトサービス
「フォトパネルサービス」は日付入りなので旅の思い出づくりにピッタリ。
宇土駅情報 熊本駅情報
御輿来(おこしき)海岸(進行方向左)
干潮時には三日月型の砂紋が現れて幻想的な景色を作り出します。対岸には雲仙普賢岳が。
網田(おうだ)駅(進行方向左)
1899年に造られた熊本県内最古の木造駅で国の登録有形文化財に登録されている。
海の中に軽トラと電柱?(進行方向左)
有明海に延びる電柱と堤防(長部田海床路:ながべたかいしょうろ)。満潮と干潮で全く違う景色を楽しむ事ができる。
満潮時の「長部田海床路」(進行方向左)
干満差日本一(約6m)の有明海。長部田海床路を満潮時に通過すると電柱が海の中に。
金峰山(きんぽうざん)(進行方向左)
宇土駅に近づくとカルデラ式火山が見えてくる。麓には宮本武蔵が晩年を過ごしたとされる霊巌洞もある。
Barタイム終了
所用時間が短いので1号車「A-TRAIN BAR」には発車前から列ができる事も。余裕を持って利用しよう。
記念乗車証
車内で配布。スタンプをおして記念にどうぞ。
九州新幹線車両基地(進行方向右)
列車好きな方は必見!宇土駅発車後で「熊本総合車両所」が、同じ目線に新幹線車両が見える。
在来線車両基地(進行方向右)
列車好きな方必見スポットその2!熊本駅到着前、在来線車両基地「熊本車両センター」が間近に。

客室乗務員の手作り 沿線マップ

沿線マップ
※2022年2月現在

車内販売
Sales aboard a train

ここだけで味わえる沿線のグルメやスイーツ、車内限定グッズで心ときめく旅の時間を。

※2022年4月現在の情報です。
新型コロナウイルス感染拡大等の影響を受け、商品は変更となる場合があります。
※金額は全て税込表示です。

スイーツ・ドリンク

ハイボール・Aハイボール
バーカウンターにはハイボールサーバーを備え、地元のデコポンをアレンジしたハイボールを楽しめます。
カカオ研究所塩チョコレート
天草の塩を使用した「A列車で行こう」限定商品。良質な塩がチョコレートの甘さを引き立て、ハイボールとの相性も抜群です。
まるごとぎゅーっとゼリー
5種の柑橘ストレート果汁を独自の製法でブレンドした、甘さと程よい酸味が特徴のゼリー。
塩バニラ
ミネラル豊富な天草五和の塩を使用した塩バニラは、濃厚なバニラアイスと程良い塩味でさっぱりとした味を楽しめます。

グッズ

オリジナルクリアファイル
列車と沿線の魅力が描かれたオリジナルクリアファイルです。
オリジナルタオル
客室乗務員が考えた「A列車で行こう」限定販売のオリジナルタオルです。
10周年記念グッズ オリジナルボールペン・コースター
「A列車で行こう」のロゴを用いた客室乗務員考案グッズ。

知って乗ると、もっと旅が楽しくなる
「A列車で行こう」
こだわりストーリー

四国生まれのA列車

「A列車で行こう」の車両は1986年に四国でデビュー。1992年、その一部が九州へ移籍。車体色もJR四国の水色から赤色へ。更に2011年にA列車へと変身した。

こだわりが詰まった車内サービス

三角駅で客室乗務員が発車時刻を知らせるのは「マリンベル」。天草から船で乗り継ぎされるお客さまへ、その余韻を楽しんでいただくもの。1号車「A-TRAIN BAR」では地元の「デコポン」や季節毎に変わる期間限定ハイボールが楽しめる専用サーバーも設置されている。