逆区間

日時

神話が息づく宮崎の豊かな自然を満喫する日南線のリゾート特急

海に山に、宮崎の魅力を味わうためにと登場した人気の観光列車。海岸線を走っていたと思ったら、緑濃い山間へと入り、列車名どおり変化に富んだ景色が楽しめる。列車には地元の飫肥杉がふんだんに使われ、リゾート感たっぷり。

MORE INFO

パンフレット(電子版)がご覧いただけます。



列車紹介

ソファーシート

ゆったり広々とした贅沢な空間は鉄道旅行の醍醐味です。海幸、山幸いずれの車両にもソファーシートを用意しました。語らいやくつろぎのひとときをお楽しみください。

ソファーシート

ゆったり広々とした贅沢な空間は鉄道旅行の醍醐味です。海幸、山幸いずれの車両にもソファーシートを用意しました。語らいやくつろぎのひとときをお楽しみください。

リクライニングシート

全席指定のリクライニングシートでは、ゆったりとくつろぎながら南国の景色を楽しめます。

リクライニングシート

全席指定のリクライニングシートでは、ゆったりとくつろぎながら南国の景色を楽しめます。

サービスカウンター

山幸側にはソファーシートに隣接するサービスカウンターを設置。宮崎の郷土玩具や飫肥杉製のおもちゃを展示。木目の美しい飫肥杉でつくられた空間は語らいの場に最適。

車椅子スペース

海幸、山幸の各車両に車椅子のお客さまに心地よいスペースをご用意しました。

車椅子対応トイレ

山幸側の乗降口付近には車椅子対応トイレも完備しています。

MORE INFO

実際に九州の大地を走る列車の姿を動画で見てみよう!

ストリートビューで覗いてみよう

列車の楽しみ方

車窓から見える「鬼の洗濯板」

青島から南の巾着島までの約8kmの海岸線に見られる波状岩は、通称「鬼の洗濯板」と呼ばれています。長い間に波に洗われ、固い砂岩層だけが板のように積み重なって、巨大な洗濯板のように見えることからそう呼ばれており、潮が引くと磯遊びが楽しめます。

紙芝居サービス

車内では、「海幸彦・山幸彦伝説」を手作りの紙芝居で紹介しています。

記念乗車証

車内でみなさまにプレゼント。スタンプ台紙にもなっているので旅の記念になります。

車内販売・駅弁

携帯ストラップ,ピンバッジ
(左)オリジナルタオル

客室乗務員デザインオリジナルのタオル
1,000円(税込)

(右)立体キーホルダー

740円(税込)

携帯ストラップ,ピンバッジ
宮崎マンゴー地サイダー

宮崎県産のマンゴー果汁を使用した爽やかなマンゴーサイダー。甘くトロピカルなマンゴーに炭酸が加わり、すっきりとした味わい。
270円(税込)

携帯ストラップ,ピンバッジ
地ビール
(太陽のラガー)

国内地ビールの2大コンテストでW金賞を受賞したラガービールです。 水にもこだわり、ビール酵母の栄養となるミネラルを豊富に含んだ天然水「行縢山水(むかばきさんすい)」を使用。
710円(税込)

携帯ストラップ,ピンバッジ
焼酎「海幸山幸」

日本神話の「海幸彦・山幸彦」にちなんで作られた焼酎で、白麹と黒麹の2種類の原酒をブレンドし、よりまろやかで神秘的な味わいをお楽しみ頂けます。
320円(税込)

携帯ストラップ,ピンバッジ
チーズ饅頭

昔ながらの和菓子店「風月堂」から届いた宮崎銘菓「チーズ饅頭」です。
生地の中にチーズを盛り込み、しっとりとしたクッキー生地と濃厚なチーズの味が絶品。
160円(税込)

運行情報

停車駅と運行時刻

1日1往復

運行日カレンダー

2020年3月~2021年2月

「海幸山幸」運転日

3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月

きっぷ紹介

特急「海幸山幸」のおねだん
(大人片道・指定席利用の場合)

ご利用区間 乗車券 特急券 合計
宮崎~南郷 1,310円
(650円)
1,050円
(520円)
2,360円
(1,170円)

※( )内はこどものおねだんです。

車両編成

1号車

記号説明

グリーン車指定席
普通車指定席
普通車自由席
車イス対応
電話設備
ビュッフェ
禁煙席
乗降口
 

座席表

※全車禁煙・指定日運転

1号車
2号車

沿線の魅力

飫肥城跡

南北朝時代に築城されたと伝えられる城。現在は、1978年に復元された大手門が残る。春は桜の名所としても親しまれている。

飫肥駅から徒歩で約15分

ギャラリーこだま

明治時代の商家建物を改修したギャラリー。ギャラリー内で心落ち着くひとときを。

0987-25-0602

飫肥駅から徒歩で約10分

日南一本釣りカツオ炙り重

「一本釣りカツオ」水揚げ日本一の日南で、2010年5月のデビュー以来、県外はもちろん、地元でも大人気の地産地消にこだわったご当地グルメ。「カツオ」と言えば定番の食べ方は刺身やタタキ。これとは異なる全く新しいカツオの食べ方として「炙り」を考案。ここでしか食べられない産地ならではの食が楽しめる。

亜熱帯作物支場 有用植物園・トロピカルドーム

「道の駅なんごう」に隣接する亜熱帯植物園。ガラス張りの大温室には、珍しい花や果樹が満載。

南郷駅から車で約10分、周遊バス「日南めぐり号」亜熱帯作物支場下車