熊本

人吉

逆区間

日時

列車の力強い鼓動を音に、匂いに、五感で感じる懐かしのSL

汽笛の音、吹き上げる煙、しっかりと大地を蹴りながら走るSLの鼓動や、変わることのない球磨川沿いの美しい風景が、時代を超えて感動を与えてくれます。車内には展望ラウンジやミュージアムもあり、全国屈指の人気列車です。

「SL人吉」号は全車指定席です。乗車前に駅の窓口等であらかじめ指定席をお受けください。列車内では座席の指定はできません。

列車紹介

展望ラウンジ(3号車)

高級感あふれるローズウッドに包まれたサロン展望室です。4種類の心地よい椅子に腰かけて贅沢なひとときをお過ごし下さい。
※下り(熊本発 人吉行)ではパノラマ・ビューを楽しめます。

展望ラウンジ(1号車)

上品な白木、メープルウッドをふんだんに使った展望室です。ベンチに腰かけてゆたかな語らいのひとときをお楽しみください。
※上り(人吉発 熊本行)ではパノラマビューを楽しめます。

ミニSLライブラリー

ライブラリーやミュージアムコーナーも楽しめます。

座席

木の香薫るクラシカルな車内に布地と本革が醸し出すボックスシートのハーモニー。

車椅子スペース

ビュッフェ(2号車)

軽いお食事やお飲み物、オリジナルグッズなどを提供します。木に包まれたシックな空間に集まれば、素敵なカフェタイムが待っています。

MORE INFO

実際に九州の大地を走る列車の姿を動画で見てみよう!

ストリートビューで覗いてみよう

列車の楽しみ方

球磨川車窓

八代ー人吉間は球磨川を車窓から眺めることができます。天候がよいとエメラルドグリーンに輝く水面に出会えます。

球磨川車窓

八代ー人吉間は球磨川を車窓から眺めることができます。天候がよいとエメラルドグリーンに輝く水面に出会えます。

SL人吉はお客さまの大切な思い出づくりを様々なかたちでエスコート。お子さまの記念撮影用に制服をお貸ししたり、駅に停車中の時は機関士の話を聞くこともできます。

フォトサービス

旅の思い出づくりのお手伝いとして、車内では客室乗務員の帽子などを貸し出しています。ご希望の方はお気軽にスタッフにお声かけください。

記念乗車証

車内でみなさまにプレゼント。スタンプ台紙にもなっているので旅の記念になります。

車内販売・駅弁

おごっつお弁当
おごっつお弁当

「SL人吉」車内限定販売の駅弁です。青井阿蘇神社の「おくんち祭り」の際に食べられていたお弁当を再現しています。620円(税込)

焼酎アイス
焼酎アイス

球磨焼酎を染み込ませたシャーベットとバニラアイスを2層にしたものです。
340円(税込)

運行情報

停車駅と運行時刻

1日1往復

運行日カレンダー

2017年3月~11月

「SL人吉」運転日

3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月

※平成29年度は11月19日(日)までの運転となります。

※運転日は変更になることがあります。詳しくは駅係員におたずねください。

きっぷ紹介

「SL人吉」のおねだん(大人片道・指定席利用の場合)

ご利用区間 乗車券 座席指定券 合計
熊本~人吉 1,820円
(910円)
820円
(410円)
2,640円
(1,320円)

※( )内はこどものおねだんです。

モデルコース

九州新幹線2枚きっぷ

九州新幹線2枚きっぷ
ご利用区間 大人 こども
北九州市内~ ※1 熊本
※4
9,660円 4,830円
福岡市内~ ※2 7,460円 3,730円
佐賀~ ※3 8,220円 4,110円
長崎~ ※3 11,220円 5,610円
佐世保~ ※3 10,180円 5,090円
  • ■きっぷの発売条件等詳しくはコチラ
  • ●九州新幹線、在来線の特別急行列車及び普通列車の普通車自由席がご利用になれます。普通車指定席をご利用いただく場合は指定料金券を、グリーン車をご利用いただく場合はグリーン料金券を指定する列車ごとにお買い求めください。
  • ※1小倉~博多間の山陽新幹線はご利用いただけません。
  • ※2福岡市内の各駅~博多間は、普通列車利用となります。
  • ※3長崎本線・新鳥栖・九州新幹線経由
  • ※4熊本~水前寺または熊本~上熊本の普通列車をご利用いただけます。

車両編成

座席表

※全車禁煙・全車指定席・指定日運転
車両内の矢印は座席の向きです。

1号車
2号車
3号車

沿線の魅力

一勝地駅 一勝地駅

●地元特産品販売
SL人吉の停車に合わせ、球磨焼酎やゆずようかん、梨の万能たれ、棚田米などの特産品をホームで販売。
●必勝お守り記念入場券
縁起のよい駅名にちなみ、祈願を受けた「必勝お守り記念入場券」を販売。160円(税込)

人吉駅 定番の人気駅弁 栗めし

現在は全国的にも珍しい駅弁の立ち売りが行われていています。昭和40年登場のロングセラー。“人吉の顔”で、弁当売りの菖蒲(しょうぶ)さんから購入できます。
栗めし 1,100円(税込)

人吉駅 人吉機関庫

明治44年(1911年)の建築で、今も現役の石造機関庫としては国内唯一。地元の石工たちが球磨地方の石材を生かして作り上げた、重厚な佇まい。入り口の3連アーチがシンボル。

人吉駅 転車台

転車台(ターンテーブル)は蒸気機関車を方向転換するためのもので、全国的に姿を消しつつあるいま、現存するものは貴重。円の中心を軸にヤジロベエのような台が回転する。SL人吉の転車シーンを見学できるゾーンも用意されていて鉄道ファンでなくても必見。

MORE INFO

熊本エリアの旅を楽しくする、もっと詳しい観光情報がご覧いただけます。