黒い787(仮称)

九州旅客鉄道株式会社
車両イメージ
※画像はイメージです
黒い787「36 ぷらす 3」2020年秋運行開始!
世界で36番目に大きい島、九州全県を巡る「36ぷらす3」は、
5つのルートに、九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーっと詰め込んで、お客さまをお迎えします。
ぜひ全ルート楽しんで、お客さまご自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい―
 そんな想いを込めました。
この列車で、驚き、感動、幸せをお届けし、「お客さま、地域の皆さま、私たち」でひとつになって、
39(サンキュー!)=「感謝」
の輪を広げていきます。

CONCEPTコンセプト

九州のすべてが、
ぎゅーっと詰まった
“走る九州”といえる列車

九州には、美味しい食、温泉、豊かな自然、歴史、
そしてホスピタリティマインドがあふれています。
今回の新D&S列車は、そうした九州の魅力を詰め込んで、
九州を元気にするために走ります。

VEHICLE車両について

787 AROUND THE KYUSHU
車両イメージ
※画像はイメージです

JR九州では初となる、電車によるD&S列車です。
1992年デビューの特急「つばめ」を皮切りに、現在も特急「かもめ」「にちりん」など
九州各地で活躍している787系電車が、D&S列車として九州各地を飛び回ります!
かつて人気を博した“ビュッフェ”も復活します。
車両編成の詳細は決まり次第お知らせいたします。

787系車両の歴史

特急「つばめ」

787系車両は1992年、特急「つばめ」として、福岡から鹿児島、九州を縦断する列車として登場しました。
九州新幹線にその役割を譲り、九州の各地へと活躍の場を移しましたが、天草灘の夕日を浴びながら走る姿は多くの方々の記憶に残っています。

デザイン

車両デザインは、その後、JR九州の多くの列車に携わることとなる水戸岡鋭治氏。ダークグレーの外観に、ホテルを思わせる落ち着いた車内空間、モダンで且つ機能的なデザインはこれまでの特急列車の概念を覆すものとなり、多くのお客さまにご好評いただきました。
国際的なデザインアワードである「ブルネル賞」を受賞するなど、国内外で評価をいただいた車両です。

つばめレディ(客室乗務員)

洗練された客室乗務員のおもてなしは、くつろぎの車内空間を生み出しました。時にはビュッフェカウンターで、お客さまの旅の思い出に耳をかたむけるなど、お客さまに寄り添ったおもてなしは、その後のD&S列車をつくる礎となっています。

AROUND THE KYUSHU

日本鳥瞰九州大図絵(部分)吉田初三郎 作
※スライドすると全体が見えます。

“門司よりおこる九州の 
鉄道線路をはるばると
ゆけば大里の里すぎて 
ここぞ小倉と人はよぶ”

おなじみ鉄道唱歌に、九州はこのような書き出しで登場する。
今から130年前の明治22年(1889年)12月11日、九州の鉄道は私設の九州鉄道の手により産声をあげた。
それから時代の流れに寄り添いながら、九州の鉄道は走り続け、今日も当然のように走っている。

“あしたは花の嵐山 
ゆふべは月の筑紫潟
かしこも楽しここもよし 
いざ見てめぐれ汽車の友”

2020年に走り出す九州の魅力発掘列車。いざ見てめぐらん、九州。

ROUTE運行ルート

5つのルートには、地域の“ストーリー”が詰まっています。
5つの“ストーリー”それぞれにエピソードを満載し、九州の魅力をご紹介します。

運行ルート
  • ・上記記載の各日単位でご乗車いただけます。販売方法、運転時刻、運転日等は決まり次第お知らせいたします。
  • ・日中の時間帯に運行し、宿泊設備は備えていません。
  • ・お客さまの乗降は、上記記載の各駅(門司港駅、八代駅、川内駅を除く)を予定しています。
  • ・上記のルートで年間45週程度の運転を予定しています。

MESSAGEメッセージ

世界一大きい感謝の輪を描きます。

目指すは
“世界一のわ

この列車の全ルートの走行距離は、1198キロ*
世界一の壮大な「わ」をつくります!

(*) 一方向に円を描くように環状運転する電車として。寝台列車除く。自社調べ。キロは営業キロベースで記載。