1. TOP
  2. 診療科案内
  3. 薬剤科

薬剤科

薬剤科の理念

病院基本理念に基づき、医療の担い手として、患者さんに安全な薬を提供します。

基本方針

  • 薬剤師の職能を高めるべく自己研鑚に励みます。
  • 医薬品の管理、適正使用の確保に努めます。
  • 他部署と積極的に連携を図り、より専門性の高い薬剤師を目指します。
  • 誰にでも誠意をもって対応します。

以上のことを常に念頭におき、日々の業務に取り組んでおります。

薬剤科紹介

当薬剤科では院内処方に基づき、8名の薬剤師が他の医療スタッフと連携して、入院・外来患者さんへの最適な薬物療法を提供できるよう、業務に従事しています。

薬剤科の業務

医師の処方に基づく調剤、医薬品の適正使用の推進、患者さんへの服薬指導、医薬品についての情報提供および医薬品の保管管理から成り立っています。 そのため、処方されるすべての薬剤について、薬剤の相互作用など処方内容をチェックし、正確・迅速な調剤を行い、服薬について正しく理解できるよう指導を行うとともに、 副作用も含めた効果をフォローしていくことを業務としています。

処方せん監査・調剤業務(外来・入院)

医師が処方した処方せんに従ってお薬を作っています。
その際、調剤する前に必ず、お薬の量や飲み方、飲みあわせ、重複投与などのチェックをして疑問があれば医師に確認しています。 また、全自動錠剤分包機を活用して、患者さんが薬を服用しやすいように数種類の錠剤を患者さんの お名前・科名(病棟)・服用時間を印字し、1包ずつ包装もしています。

注射薬のセット業務

入院患者さんへの注射薬のセットを行っています。患者さんごとに1日分ずつセットし、この際も薬の量や投与経路、相互作用、配合変化などのチェックを行っています。

抗がん剤の調整業務

抗がん剤は、安全キャビネットを使用し無菌的に調整を行っています。

医薬品情報管理業務(DI業務)

お薬に関する情報の収集・検索・管理を行い、医師や看護師、その他スタッフ、患者さんからの問い合わせなどに対し、情報を提供しています。
厚生労働省からの緊急安全情報などは、院内の掲示板を使い、配信しています。

薬剤管理指導業務

医師の依頼に基づき、薬剤の使用と副作用の発現を未然に防止するため、ベッドサイドで服薬説明を行っています。また、入院前から飲まれているお薬(持参薬)に関しても薬剤科で処方内容をチェックし、用法や用量の確認を行っています。
他の医療スタッフと共に、安全で有効な薬物療法を提供できるよう努めています。

医薬品管理業務

医薬品の購入、保管、使用期限などの品質管理を行っています。また、麻薬や向精神薬、毒薬、血液製剤に関しては、在庫管理を徹底し、管理簿を作成・保管し、事故・盗難防止に努めています。また、各部署のストック薬剤についても定数・品質の管理を定期的に行っています。

その他

医薬品の責任部門として院内においての委員会(医薬品安全管理委員会、医療安全管理委員会、NST委員会やICT委員会等)に参画し、常に医薬品の適正使用の推進に向けて努力しております。

薬剤科からのお知らせ

「お薬手帳」を活用しましょう。
「お薬手帳」は医療機関におかかりの際にお持ちください。

JR九州病院では、全ての患者さんに発行しています。お薬手帳は服薬情報の一元化が目的であり、強制ではありません。

  • 今どんな薬を飲んでいるのか?
  • 服薬期間はどのくらいか?
  • 過去にお薬での副作用やアレルギーがないか?
  • 他院からのお薬との間で好ましくない飲みあわせや重複がないか?

などを医師・薬剤師が確認しております。