1. TOP
  2. 診療科案内
  3. 整形外科

整形外科

診療内容・特色

当科では、骨折や脱臼などの外傷性骨関節疾患、また変形性関節症・関節リウマチ・骨粗鬆症などの慢性骨関節疾患、さらにはスポーツ外傷・障害や脊椎疾患など、広範囲の整形外科疾患に対して診療を行っております。X線・CT・MRI検査などにより正確な診断を行い、保存治療または手術治療を行っています。保存治療においては、投薬・装具・リハビリ治療を行っており、リハビリは充実しております。
骨粗鬆症に対しては、二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)にて精密な骨密度測定を行い、様々な投薬治療を行っています。
一方、手術適応症例に対しては様々な手術治療を行っております。各々の症例に対して十分な術前計画を行い、安全で正確な手術の施行を心掛けています。主に、骨折に対する骨接合術、変形性関節症や関節リウマチに対する人工関節置換術、膝・肩関節疾患に対する関節鏡視下手術を行っています。
全ての患者さんの疼痛が軽減し運動機能が回復するよう、常に最新の知見を取り入れ整形外科疾患に対する診療を行っています。

当科で行っている主な手術

  • 変形性膝関節症・関節リウマチに対する人工膝関節置換術、人工膝単顆関節置換術、高位脛骨骨切り術
  • 大腿骨近位部骨折に対する骨接合術、人工骨頭置換術
  • 四肢骨折・関節脱臼に対する骨接合術、観血的脱臼整復・制動術
  • 末梢神経疾患(手根管症候群・肘部管症候群)に対する神経除圧術

また当科では、低侵襲手術として、以下のような関節鏡視下手術を行っています。

  • 膝半月板損傷に対する鏡視下半月板切除術、鏡視下半月板縫合術
  • 膝前十字靭帯損傷に対する鏡視下前十字靭帯再建術
  • 肩腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術
  • 反復性肩関節脱臼・肩関節不安定症に対する鏡視下バンカート修復術

診療のご案内

佐々木 担当医
(新患・急患)
佐々木 担当医
(新患・急患)
佐々木
北村 北村 北村
筒井 筒井 筒井

手術日:火・木(午前・午後)/月・水・金(午後)
検査日:月・水・金(午後)
骨粗鬆症:月・水・金(午前)

医師紹介