1. TOP
  2. 診療科案内
  3. 病理診断科

病理診断科

診療内容・特色

  • 組織診断、細胞診断などの病理診断は最終診断として、臨床の先生方の治療、経過観察などの重要な情報となっています。特にがん診療においては迅速・的確な病理診断は必須です。当病理診断科はより質の高い医療を地域の皆さまにご提供できるよう貢献して参ります。
  • 術中迅速診断では、手術中にがんのリンパ節転移の有無などを顕微鏡で観察し15分以内に手術室に報告します。手術を行う先生方への大きな支援となり、より的確な手術がなされます。
  • 当科では、通常機器以外にも自動免疫染色装置や液状化細胞診断装置など、高度医療に対応可能な機器を導入しています。
  • 手術臓器は全て写真撮影し、デジタル・ファイルとして管理・活用しています。ご紹介医療機関への報告資料として、また学術的な資料としても利用されています。
  • 病理組織診断、細胞診断に加えて病理解剖も行い、迅速・正確な病理診断を心がけています。病理解剖では、不幸にしてお亡くなりになられた患者さんを解剖させて頂き、病変の再評価を詳細に行い報告いたします。病理解剖診断は、これからの医療の重要な資料ともなっております。
  • 他施設の病理診断を支援させて頂くことも可能です。

医師紹介