平成27年度 JR九州病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 22 41 48 85 231 542 772 657 198
地域性の関係で、60歳代以上が全体の8割を超えており、最多は70歳代となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 104 14.2 14.34 1.9% 78.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 32 43.9 21.69 6.3% 85.6
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 23 15.74 12.60 0.0% 80.96
内科では、高齢者が多い地域ですので肺炎や尿路感染症にはしっかり対応しています。また、地域包括ケア病棟がありますので、長期間になっても完治するまでしっかり治療を行います。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病なし 180 2.1 2.76
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 46 7.0 10.93
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 42 6.1 5.50
消化器内科では、消化管出血(胃・十二指腸潰瘍、衝動静脈瘤、結腸憩室出血)などに対して、内視鏡を使用し止血術を行ったり、ERCPによる総胆管結石の治療などを行っています。
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 59 15.9 11.98 0.00% 75.1
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む)手術なし 処置なし 定義副傷病なし 20 16.4 14.14 0.19% 66.1
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 処置2なし 15 8.0 24.67 0.19% 61.0
肝疾患は専門医数名で充分な治療体制を整えています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 48 2.8 3.07 0.0% 74.6
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 20 27.4 18.30 5.0% 89.1
050050xx0200xx 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 15 9.5 4.87 0.0% 74.4
当院では狭心症の検査目的での心臓カテーテル検査の件数が多く、在院日数は全国平均とほぼ同じとなっています。
また、平均年齢が比較的高いので、心不全の在院日数がやや長くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_5あり 定義副傷病なし 130 5.4 4.53 0.0% 68.9
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 48 3.6 4.39 0.0% 61.1
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_6あり 定義副傷病なし 37 4.3 4.51 0.0% 64.5
術前、術後の化学療法は、外来通院を原則としていますが、短期の入院化学療法が必要な方にも積極的に行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 47 26.6 11.98 0.0% 56.1
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 35 61.0 28.70 8.6% 83.0
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 28 56.2 27.21 0.0% 77.3
術後リハビリにも力を入れており、地域包括ケア病棟を活用することで、患者さんの日常生活復帰が可能となるまで十分な入院期間を確保し、リハビリを行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 出来高 [ 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり ] 12 2.0 2.72 0.0% 71.4
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 10.25 - -
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし - - 7.59 - -
患者平均年齢が比較的高いため、在院日数がやや長くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 出来高 [ 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 ] 19 4.8 3.01 0.0% 76.5
020110xx97xxx1 出来高 [ 白内障,水晶体の疾患 手術あり 両眼 ] 12 11.7 8.42 0.0% 74.6
020110xx99xxxx 白内障,水晶体の疾患 手術なし - - 2.72 - -
高齢者や全身麻酔での白内障手術に対応していますので、入院期間が平均より長くなっています。
耳鼻科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1なし 21 2.0 3.16 0.0% 57.2
030250xx991xxx 出来高 [ 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり ] - - 2.07 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.53 - -
睡眠時無呼吸の検査は通常1泊入院で終了となります。
咽喉頭、頚部の感染症は手術を行わない保存的治療で通常1週間以内で退院となります。
手術が必要あるいは特殊感染症の場合、他院へ紹介することもあります。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 12 13.5 10.18 0.0% 44.5
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 - - 6.50 - -
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 開腹によるもの等 - - 10.43 - -
金曜日に入院し、手術が月曜日です。このため土曜日、日曜日の2日間は外泊していただきますので入院期間が実質の治療期間より2日間長くかかっています。卵巣の良性のう腫は、ほとんどが腹腔鏡下手術です。悪性の可能性が少しでもある卵巣腫瘍は初めから開腹手術をおこないます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 - - - - - 規約 14
大腸癌 - 30 31 136 17 38 規約 8
乳癌 38 25 - 18 - 34 規約 17
肺癌 - - - - - - 規約 7
肝癌 10 - 13 19 - 42 規約 5補訂版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
乳癌は検診で発見される方も多く、比較的早期の病期が多いですが、消化器系の癌、肝癌は病状が出現して紹介受診される方が圧倒的に多いため、進行程度がⅢ、Ⅳ期が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 22 8.86 53.68
重症度 1 45 13.29 84.02
重症度 2 20 18.15 82.30
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
肺炎の治療も積極的に行っており、軽症であれば2週間以内の退院を目指しています。誤嚥の関与があれば、入院が長引きますが、嚥下リハビリ等で対応しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 - 27 34.00 82.44 13.79%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症3時間以内の脳梗塞はtPAの適応ですので、小倉記念病院等を紹介しています。当院では脳梗塞のリハビリ(運動器及び嚥下・言語)を積極的に行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
内科以外の患者でも、内科的疾患が院内発生した場合は責任をもって、内科が対応しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 167 0.17 1.26 0.00% 68.53
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 34 3.21 16.12 8.82% 72.29
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 20 1.50 7.55 0.00% 72.70
消化器内科では出血リスクがない場合に限られますが、大腸カメラを行った際に治療が必要な病変があれば同意していただいた上で、観察後に内視鏡的治療を行っています。
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 60 1.87 14.67 0.00% 74.78
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 15 3.67 17.00 6.67% 73.87
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 2 22.00 29.50 0.00% 73.50
肝癌治療は外科・放射線科と連携をとりながら、手術から血管塞栓術、ラジオ波と全ての治療に対応しています。また肝硬変には腹水貯留に関して積極的にCART治療を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 13 7.46 17.46 0.00% 80.62
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
狭心症に対する経皮的肝動脈ステント留置術を主に行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 32 2.0625 8.9375 0.00% 64.3125
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25 6.16 26.96 0.00% 75
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 21 0.09524 1.8095238 0.00% 71.761905
腹腔鏡下手術は極力短期の入院期間を目標にしていますが、ご高齢で進行癌の方は、どうしても在院日数が長くなっています。
内視鏡的ポリープ切除術は、一泊安静入院が原則です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 32 4.59 62.41 0.00% 76.88
K0461 骨折観血的手術 30 6.52 95.00 0.00% 83.82
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 21 2.14 26.71 0.00% 49.29
人工関節置換術件数 内訳 肩:1 膝:29 股:2
骨折観血的手術件数 内訳 上腕:8 大腿:22

関節鏡視下手術、人工関節置換術、骨接合術を多く行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 10 1.80 18.60 0.00% 79.20
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
患者平均年齢が比較的高いため、術後日数がやや長くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 31 1.06 6.45 0.00% 75.74
当院では白内障の手術にのみ対応しております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 13 2.62 12.31 0.00% 45.00
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) - - - - -
子宮全摘術は帝王切開術後や既往手術歴、大きな子宮筋腫などの患者さんが多く開腹手術をすることが多いです。条件の良いリスクの少ない患者さんのみ腹腔鏡下膣式手術を行います。卵巣の良性のう腫は、ほとんどが腹腔鏡下手術です。悪性の可能性が少しでもある卵巣腫瘍は初めから開腹手術を行います。
筋腫核出術は、いずれも5個以上の筋腫核でかつ大きいために開腹手術を行いました。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.38%
異なる - -
この指標は医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけになった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者と発症率を示したものです。
更新履歴
2016/9/30
病院情報を公開しました。