次世代育成支援の取り組み

JR九州は、5回目となる厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」を取得しました!

JR九州は、次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号)第13条に基づく、厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」を2018年7月27日に取得しました。 当社では、今後とも「社員が仕事と子育てを両立させること」「社員全員が働きやすい職場をつくること」を基本方針として、次世代育成支援対策について積極的に取り組んでまいります。

【過去の認定】

第1回一般事業主行動計画
計画期間:2005年4月1日~2007年3月31日
認定日:2007年5月23日
第2回一般事業主行動計画
計画期間:2007年4月1日~2009年3月31日
認定日:2009年7月7日
第3回一般事業主行動計画
計画期間:2009年4月1日~2012年3月31日
認定日:2012年7月31日
第4回一般事業主行動計画
計画期間:2012年4月1日~2015年3月31日
認定日:2015年7月29日
第5回一般事業主行動計画
計画期間:2015年4月1日~2018年3月31日
認定日:2018年7月27日

【次世代認定マーク「くるみん」とは】

厚生労働省では、次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号)に基づいて子育て支援のための行動計画(一般事業主行動計画)を策定し、 その行動に基づき取組みを行い、実績が認められた事業主に対して使用が認められるものです。

九州旅客鉄道株式会社行動計画(第6回)

社員が仕事と子育てを両立させることができるような働きやすい環境をつくり、すべての社員がその能力を十分に発揮して活躍できるようにするため、次のように行動計画を策定し、取り組んでまいります。

  1. 計画期間:2018年4月1日から2021年3月31日
  2. 内容: 目標1 働き方の見直しにより、仕事と子育てを両立しやすい環境を整える。 <対策>
    ・子育てのための時間をつくる取組みを強化する。
    ・ワークライフバランスの取れた制度改正等の検討を行う。
    目標2 男性社員の育児休業等取得状況を次の水準以上にする。
    育児休業取得者1人以上・育児を目的とした積立保存休暇取得割合15%以上。
    <対策>
    ・子を持つ社員に対し、育児休職等の制度内容を継続的に周知する。
    目標3 年次有給休暇取得の推進。取得率を50%以上にする。 <対策>
    ・年次有給休暇を取得しやすい職場環境をつくる。

ファミリー・フレンドリー企業表彰福岡労働局長賞受賞

平成17年9月に「平成17年度ファミリー・フレンドリー企業表彰福岡労働局長賞」を受賞しております。 当社の「育児・介護休職制度」や「管理者への説明会の実施及びパンフレットの作成等による次世代育成支援への取組み」が評価され選出されました。

【ファミリー・フレンドリー企業表彰とは】

仕事と育児・介護とが両立できるような様々な制度を持ち、労働者が多様で柔軟な働き方を選択できるよう取組んでいる企業等に対し、厚生労働省が実施している表彰です。