閉じる

トップページ設定

ご覧になりたい情報があるページを選択してください。
「企業・IR・採用」「駅・きっぷ・列車予約」「鉄道の旅・宿泊旅行・ホテル」を選択した場合には、次回以降トップページに設定されます。
なお、設定は「トップページ設定」からいつでも変更可能です。

キューポ

運行情報

閉じる

ななつ星 in 九州

JR九州 環境報告2017

地球温暖化防止に向けて

JRJP博多ビルの取り組み

 2016年4月に開業したJRJP博多ビルでは、都市の中で自然と調和・共存し地球環境を守る取り組みとして、省エネ設備の導入をはじめ、緑化や雨水利用などを実施しており、ビルの利用者の快適性と周辺環境への配慮の両立を図っています。

JRJP博多ビル
JRJP博多ビル

オフィスフロアにおける省エネへの取り組み

 オフィスの照明はLED型器具を採用しています。また窓際エリアでは、自動調光システムにより昼間の過剰な照明をカットし、常に一定の明るさを保ちます。さらに、熱負荷を低減させるLow-e複層ガラスを採用しており、日照による熱の影響を抑え、ハイレベルな省エネを実現します。

自動調光システム(イメージ)
自動調光システム(イメージ)

壁面・屋上の緑化や雨水の再利用

 ヒートアイランド現象やCO2排出を抑制するため、壁面や屋上の緑化を実施しています。これら植物は、雨水の流出緩和にも効果があり、都市型水害の防止にもつながっています。また、貴重な水資源の使用量を削減する取り組みとして、雨水の再利用を実施しています。屋上屋根面にて集めた雨水は地下ピットの雨水専用水槽に貯留し、砂によるろ過と塩素による殺菌処理を行った後、トイレの洗浄水と潅水に供給します。

壁面緑化
壁面緑化
屋上緑化
屋上緑化